マイナビは「2023年卒 大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表した。地元就職を希望する理由を聞くと、「両親や祖父母の近くで生活したい」が過半数を占めた。

●地元就職を希望する学生の推移

 23卒の就活生が地元(Uターン含む)就職を希望する割合は62.6%(前年比4.8ポイント増)で、2年連続増加した。

 同社は「以前は都市圏の大手企業などへの就職意向が高まり、地元就職希望が減少していた。しかし、コロナ禍以降は経済状況が不透明であることなどから地元就職意向が高まっている。オンラインでのインターンシップや就職活動が普及し、地元を離れていても情報収集をしたり選考が受けられたりする点も、地元就職意向を後押ししている要因ではないか」と推測した。

●地元就職を希望する理由

 地元(Uターン)就職を希望する学生にその理由を聞いたところ、「両親や祖父母の近くで生活したい」が最も多く51.6%だった。次いで2位は「実家から通えて経済的に楽だから」(45.9%)、3位「地元(Uターン先)での生活に慣れているから」(41.6%)という結果に。

 働き方や住む場所の理想について自由回答で聞くと、「実家から徒歩で行き来できるくらいの距離の家に住み、頻繁に会えるような過ごし方をしたい」「実家でお金をためながら、プライベートや家族との関係を重視し、仕事と両立させながら働く」などの意見が挙がった。仕事に慣れるまでは家族のサポートが必要という考えや、実家で暮らすことで経済的な不安をなくしたい考えの学生が多いことが分かる。

●地元就職を希望しない理由

 現時点で地元就職を希望しない学生にその理由を聞いたところ「都会の方が便利」が最も多く41.4%だった。2位は「志望する企業がない」(36.1%)、3位は「実家に住みたくない(離れたい)」(33.0%)と続いた。

 地元就職を希望しない学生に、どのようなことが実現すれば地元就職する可能性があるか聞くと、「働きたいと思うような企業が多くできる」「給料がよい就職先が多くできる」がそれぞれ4割を超えた。

 回答者からは「地元にはとにかく有力企業が少なく、優秀な人材は集まりにくいと思う。人材を集めるためには、生活に関する手当を充実させるのが良いと思われる。また、交通手段に自家用車がないと生活が難しいのも、若い世代にとってはかなりの負担である」「子育て支援に力を入れて欲しい。地元に残る以上、仕事と育児の両立は必須」などの意見が挙がった。

 調査は3月18日〜4月6日、マイナビ2023に登録している23年3月卒業見込みの全国の大学生、大学院生を対象にインターネット上で実施した。有効回答数は5420人(文系男子:969人、理系男子:954人、文系女子:2457人、理系女子:1040人)。