オーダーメイドの旅を提供する旅工房(豊島区)は、全国の20歳以上の男女約2300人を対象に、海外旅行に関するアンケートを実施した。渡航解禁後に行きたい国・地域などを調査し、年内に海外旅行に行きたい人が約6割いることが分かった。

 渡航解禁後に行きたい国・地域の1位は「ハワイ」(44.9%)だった。次いで2位は「台湾」(38.8%)、3位は「タイ」(28.4%)。イタリアや韓国などの人気エリアも上位にランクインした。

 海外旅行で楽しみたいことは、「グルメ」が65.8%で最も多く、「観光スポット巡り」(61.4%)や「絶景鑑賞」(50.4%)、「のんびり過ごす」(49.4%)なども続いた。一方、「ダイビング」や「ゴルフ」「サーフィン」などは1%未満だった。

●海外旅行にはいつ行きたい?

 海外旅行に行きたい時期は、「今すぐにでも行きたい」が最も多く31.4%。「2022年夏」(9.7%)、「2022年秋・冬」(18.1%)と回答した人とあわせて年内に行きたい人が59.2%と、約6割が年内に海外旅行に行きたいことがうかがえた。

 どのような条件になったら海外旅行に行くかという質問では、「現地と日本帰国時の隔離がなくなる(ワクチン接種などの条件有)」が最も多く53.5%、「ワクチン接種等全ての条件の撤廃」が21.2%、「パッケージツアーの再開」が10.6%という結果に。約7割が海外出入国時の隔離やワクチン接種などの条件がなくなれば海外旅行に行くと回答している。

 調査結果を受けて同社は「多くの人が海外旅行の再開を待ち望んでいることが分かった」とコメントしている。

 インターネットを使った調査で、同社のメルマガ会員2380人が回答した。調査期間は4月9〜15日。