コロナ禍で大打撃を受けただけでなく、根本的なビジネスモデルの転換を余儀なくされているのがライブ・エンタテインメント業界だ。ぴあ総研によれば、2020年の同市場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、前年比82.4%減の1106億円と試算された。加えて、コロナ前の水準に回復するのは、最短で23年とも発表している。

 デビューから41周年を迎えた日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」もまた、新型コロナウイルス感染拡大のあおりを受け、20年に予定していた40周年記念ツアーを延期することになった。1年遅れた今年、全国5カ所(名古屋・大阪・広島・東京・札幌)でツアーが始まっている。アフターコロナには数多くの海外公演も開く予定だ。

 ラウドネスは、競争原理の激しい音楽シーンのはやりすたりの中で40年以上、世界のヘヴィメタルアーティストと肩を並べ、活躍を続けている。その存在はX JAPAN、L'Arc-en-Ciel(ラルクアンシエル)、B'z(ビーズ)、黒夢など日本を代表するロックバンドにも影響を与えた。

 それだけではない。米『ビルボード誌』のチャートにランクインした日本人(バンド)は坂本九やイエロー・マジック・オーケストラ (YMO)をはじめ、最近ではBABYMETALなど限られたアーティストのみだ。そんな中で、ラウドネスがその偉業を果たしたことはあまり知られていない。1985年に「THUNDER IN THE EAST」が同チャートで74位を記録し、連続19週間に渡りチャートインした。

 また、米国を代表するハードロックバンド「モトリー・クルー」の前座として、日本人アーティストで初めて、「マディソン・スクエア・ガーデン」のステージに立つ快挙も成し遂げている。アルバム「LIGHTNING STRIKES(ライトニング・ストライクス)」も、ビルボードで64位を記録した。

 40周年の集大成となる通算29枚目ダブル・アルバム「SUNBURST〜我武者羅〜」は、オリコンアルバムデイリーチャート1位を記録している。

 ラウドネスの現マネジメント会社であり、海外展開を視野に入れて2014年に設立されたカタナミュージック(東京都新宿区)社長の隅田和男さんに、ラウドネスをいかにしてマネジメントしてきたか、米国進出の経緯などについて聞く。(柳澤昭浩(がん情報サイト「オンコロ」コンテンツ・マネージャ)、今野大一(アイティメディア))

●窓のないホテルに宿泊 全国を回る

――ラウドネスのマネジメント会社社長の仕事について教えてもらえますか。

 ラウドネスをマネジメントするカタナミュージックを立ち上げて9年になります。ラウドネスには、1989年から(ライブやコンサートなどで、アーティストが使用する楽器や機材の設置や調整、メンテナンスをする)ローディーとして関わって、97年ころまで一緒に仕事をしていました。

 その後、一度マネジメントからは離れますが、2014年にマネジメントに戻りました。現在、従業員がいるわけではなく私一人のワンオペで、外部スタッフをその都度に雇い、信頼できる方々に外注しながら仕事をしています。

――5月から40周年ツアーに入っていますね。

 正確にいうと結成41年目なのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、40周年ツアーがずれこんだ形です。昨年末にニューアルバムをリリースしたこともあって、40周年を掲げたままツアーに出ています。

――隅田さんがローディーという仕事に関わるようになった経緯は?

 大阪府の高校を卒業し、音楽系の専門学校でPA(パブリック・アドレスの略。ライブで扱う音響機器)の勉強をしていました。

 そのうち、コンサート警備のバイトに行くようになり、たまたまアンセム(1980年初頭より現在も活動するヘヴィメタルバンド)のレコーディングスタッフを担当することになりました。そのままツアーマネージャー的な仕事をしながらローディーをやっていくことになります。20歳くらいの時ですね。

――ツアーマネージングとはどんな仕事なんですか?

 当時、アンセムにはマネージャーはいたものの、運手免許を持っていませんでした。そこで運転免許を持つ私が機材車を運転し、全国を回っていました。

 マネージャーがライブ会場をブッキングし、私が現場の仕事をこなしていました。当時は事務所スタッフ2人とPAさん計3人、メンバー4人でツアーを回っていました。ライブ前のセッティング、ライブ後の物販、機材の積み込み、ライブ会場での精算をして、次の街に行く。その繰り返しです。

――本当に少人数でやっていたんですね

 今でもライブハウスを回っているバンドは、そういう感じだと思いますよ。普通免許で運転できる車両に乗れるのはせいぜい7〜8人です。メンバーやスタッフと機材を移動させなければいけないので、余裕があるバンドは、ハイエース2台にして、メンバー車、機材車という感じですね。

 当時のヘヴィメタルバンドはアンプなど機材の量も多く、ロケバスみたいなコースターを使うバンドも少なくありませんでした。

――ツアーに関わることは何でもやっていた感じですね。

 大変だったのは、宿泊場所探しですね。当時は、携帯もネットもないし、毎年全国のビジネスホテルガイド新版を買って、安いところを探していました。

 当時は大阪に、メタルバンドも定宿にしていた“ホテル関西”っていう安いホテルがあって、追加ベッドを入れるとトリプルルームにもできたんですけど、窓がなかったりとか(笑)。

●ラルク、B'z、黒夢が尊敬するバンド

――L'Arc-en-Ciel、B'z、黒夢など多くの有名アーティストがラウドネスをリスペクトしています。隅田さんのラウドネスの第一印象はどんなものでしたか?

 ライブを観(み)にいくようになったのは高校生の時です。いろいろなバンドを観てきましたが、演奏力を含め圧倒的に何かが違っていましたね。

 ラウドネスのメンバーに会ったのは、80年代アンセムが米ロサンゼルスで公演した時です。ちょうどラウドネスもアルバム制作でロサンゼルスにいて、偶然同じホテルに宿泊していました。

 ラウドネスのギタリスト、高崎晃さんの部屋に行く機会があり、彼のプレーを目前にするのですが、これまで観たり、聴いたりしてきたギターではなく、もう別格という感じでした。

――その出会いの後、ラウドネスのマネジメントに関わるようになったのですか?

 アンセムでは日本ツアーを複数回り、アルバムも2枚分ほど担当しました。その後、別の世界も見てみたくなり、ジャズやフュージョンに関わる仕事もしました。ですが、やっぱりメタルが好きだと気付き、「やはりメタルを極めるならラウドネスだな」と思っていたところ、知り合いからの紹介もあってラウドネスに関わることになります。

――ラウドネスにはベースのローディーとして関わったそうですが、自身も楽器をやられていたんですか?

 ギターは少しやっていましたが、文化祭用に練習したくらいでしたね(笑)。

――実際に、ラウドネスに関わることは刺激的でしたか?

 それまでの仕事とは全く規模が違い、いろいろと勉強させもらいましたね。今は日本でも普通になったステージ上の演出機材ムービングトラスやチェーンモーターなどは、ラウドネスが米国で本場のエンタメの舞台で知り、日本に持ち込んだのが最初だそうです。

――米国のステージを日本にもってくるとは画期的でしたね。

 米国のステージを観て、そのすごさに触れ学んだスタッフが、今もラウドネスのスタッフにもいます。

 当時、米国のツアーには、テレビクルーも同行していて、カメラを回していたんだそうです。これらの収録テープは、なくなったと長年聞かされていました。

 しかし、ダメもとで当時を知る方に探してもらったら、テープが出てきたのです。今から5年前に「THUNDER IN THE EAST」というアルバムの30周年記念盤を出したのですが、当時の様子をドキュメントとして入れました。米国でのラウドネスへの熱狂ぶりがよく分かります。

――いま振り返ってラウドネスの41年間には、いくつかのターニングポイントがあったと思うのですが、どのあたりだったと思いますか?

 1つ目は、浅草国際劇場のデビューライブですね。これはファンの間では「ラウドネス衝撃のデビューライブ」として知られていて、音のデカさも演奏力も圧巻だったそうです。3000人のファンが集まりました。今も現役で活躍している多くのミュージシャンや評論家、そして現在のラウドネスの舞台監督も、もみくちゃにされながら最前列で観ていたライブです。

 2つ目は、初めての米国西海岸ツアーと欧州ツアーでしょうか。後者は、ライブドキュメント作「ユーロバウンズ」として記録に残っています。欧州の街から街へと連続して回ったものですが、映像からも現地での熱狂ぶりが伝わります。

 最後は「THUNDER IN THE EAST」を携えての米国進出です。これは、後に知ることになるのですが、いくつもの面白いエピソードがあります。

●日本のミュージシャンが果たせていない米国進出

――多くの日本のミュージシャンが果たせていない米国進出の経緯は興味深いです。 

 セカンド、サードアルバムのエンジニアは、米国で学生時代を過ごしたギタリスト、ジョージ吾妻さんの人脈から、ダニー・マクレンドンが担当しました。ダニーがラウドネスの演奏力を見込んで米国でのライブを勧めてくれたのですが、実際のブッキングは、ビル・バーカードさんというレコード店の方がしてくれたんですよ。

 このレコード店には、世界を代表するヘヴィメタルバンドのメタリカも出入りしていました。また、マニア向けに日本のヘヴィメタルバンドのアルバムや雑誌も輸入していたそうです。

 ビルさんが、なぜそういうことを知っていたかというと、音楽評論家の伊藤政則さんと知り合いで、伊藤さんがラウドネスをはじめ、いろいろな日本のバンドのLP(Long Play) レコードを送っていたらしいんです。そこでラウドネスがやたら売れるもんだからレコード店さんが、ラウドネスを米国に呼ぶことになったようです。

 たまたま2015年の米ツアーでビルさんと再会することになり、当時のお話も聞きましたが、ビルさんが呼んでくれた最初の西海岸ツアーがなければ、その後の米アトランティックとのワールドワイド契約も成立しなかったかもしれませんからね。日本のバンドとしては初めてのワールドワイド契約でした。

 インターネットもない時代ですから、今でいうミニコミ誌「ファンジン(ファンマガジン)」と、世界のマニア同士のネットワークがラウドネスを米国に呼び寄せ、それを体感した音楽ファンが、ラウドネスに対して「世界への扉」を開いたわけです。

――人と人とのつながりが海外展開のきっかけだったんですね。その後も、いろいろな日本のアーティストが世界の市場に挑戦しました。ラウドネスが海外でヒットできた理由は何なのでしょう。

 やはり、突出したギター(高崎晃)とドラム(故・樋口宗孝)ですよね。あの2人は、圧倒的に海外のファンに刺さりました。

 マディソン・スクエア・ガーデンではモトリー・クルーの前座で、40分くらいのステージなのに、それぞれ10分近くソロをして、大いに盛り上がったそうです。ギタリストといえばAkira Takasaki、ドラマーといえばMunetaka Higuchi。90年代に入っても、世界で知られた日本人アーティストは坂本九、坂本龍一、そして高崎晃でしたね。

――インターネットもありませんでしたから、日本では米国の音楽シーンがどうなっているかをリアルタイムではつかめなかった。そんな中で米国には、実力のある日本のバンドの情報が届いていたんですね。

 先にも話しましたが、ヘヴィメタルのネットワークは強力ですからね。ミニコミ誌のファンジンをはじめ、米国ではいろいろな種類のフリーペーパーが流行っていて、メタルに特化したものが、マニアの情報源になっていたと聞いています。

――そんな雑誌があったんですね。現在は新しいバンドや曲を知る情報源はSNSやYouTubeに置き換わってしまいました。当時ヘヴィメタルのマーケットは、日本ではどの程度だったのですか。そして現在はどうなんでしょう?

 もともとラウドネスがデビューするまでは、日本のメタルというマーケットは大きくはなかったと思います。その後、いわゆる「ジャパメタ」ブームがあり、90年代に「ビッグ・イン・ジャパン」(編注:「日本でしか売れていない洋楽ミュージシャン」を表す俗語)と言う言葉があるくらい「洋楽メタル」のCDも売れていましたし、多くのバンドが来日していました。

 今でも『BURRN!』というヘヴィメタル専門誌がありますし、ヘヴィメタル音楽評論家の伊藤政則さんのラジオもあります。そういう人たちは隅々まで情報を見て聞いて集めますから、強固なファン層は存在しますね。

●日本で大きな市場にならなかった理由

――日本にはある一定数のコアなヘヴィメタルファンがいます。世界各国にもマーケットはあるんですか?

 全世界にはもちろんたくさん市場がありますし、そこまでニッチな存在でもないんですよね。海外では、メタルフェスティバルの規模も大きいですし、ドイツや北欧にも大きなフェスは多くあります。家族でキャンプをしながら、アイアン・メイデン(世界を代表するヘヴィメタルバンド)のライブを、親子三世代で楽しみに来ていたりしています。

――日本ではヘヴィメタルはメインストリームのジャンルにはなれなかったかもしれないですね。やはりポップスが強かったと思いますが、何か決定的な理由はあるんですか?

 いえ、80年代はメタルも大変人気があって、女性ファンもいっぱいいたと思いますよ。ただ、日本にはスターがいなかったのかもしれません。全盛期のボン・ジョヴィ(世界的なハードロックバンド)のような圧倒的なロック・スターがいないと駄目だったんですかね。

 一方で、ジャパメタからの影響も大きいであろうヴィジュアル系バンドには、根強いファンはいっぱいいます。彼らはCDが一番売れていた時代に、日本のポップスという意味でヒット曲を飛ばしていて、お茶の間からの認知を得ています。

――日本では、流れとしてヴィジュアル系に行ったということなんですかね?

 それもあるかもしれませんが、海外では、X JAPANもメタルとして見ているファンもいますし、DIR EN GREYなどは欧州有数のメタルフェスのヴァッケン・オープン・エアにも数回出ていて、ヘヴィメタルとして認知されています。加えてアニソンの世界でも、歪(ひず)んだギター音のルーツは確実に生きているように思います。

――ただ、メタルの世界では次のスターが出てこなかった?

 そうですね。それが出てくれば変わるのかもしれません。やっぱりギターを弾くのがかっこいいと思わせるような次世代のスター。今は、ちょっと勉強してパソコンの使い手になって、歌のうまい子を連れてきて歌わせたり、それが無理ならボーカロイドをしてみたり……というジャンルが音楽シーンの主流かもしれないですね。

 だから音楽系の専門学校でも、ギターを専攻するような学科ではなく、DTM(デスクトップミュージック)のような学科にしか生徒が集まらないそうです。

――そして隅田さんは2014年に起業します。起業した時は、どんな状況だったんですか。

 レコード会社で勤めた後、音楽事務所に5年ほど在籍しました。海外に音楽を届けるプロジェクトの会議に参加していて、その会議でランティス(当時)の井上俊次社長とよくご一緒していました。

 ちょうど私が、その会社を辞めるときに、井上社長から「一緒にできればと思うことがあるんだけど」と誘われたのがきっかけですかね。

 「ラウドネスをもう一度海外に」ということでしたが、当時のマネジメントはあまりうまく機能していなかったようで、メンバーとも話し合いカタナミュージックを立ち上げることになりました。事務所は自宅で、電話とパソコンが一つずつ。メンバー以外の社員も私一人。固定費はミニマムなスタートでしたが、結果的にそれが奏功し、その後のコロナ禍も乗り切れているようにも思います。

●海外進出のきっかけは「口コミ」

 以上が隅田さんへのインタビュー内容だ。ラウドネスが米国でヒットした背景に「ファンジン(Fanzine)」といったミニコミ誌があった話は、いわゆる「口コミマーケティング」である「Word of Mouth Marketing」を想起させる。現在では、その手法も紙媒体からWeb媒体に変わった。

 現在でも口コミマーケティングは強力なビジネス手法だ。消費者の多くは、いわゆる広告宣伝よりも、知人、家族などの言葉を信頼している。信頼する人の言葉から、その商品・サービスを体験することによって、それらに対するロイヤリティーが強化されるのだ。ラウドネスの世界的な活躍、米国進出のきっかけの一つにWord of Mouthがあったことは興味深い。

 後編では、隅田さんの起業後の話、コロナ禍以降のラウドネスの活動や、ネット時代のラウドネスのビジネス展開を聞く。