ワークマンは6月16日、靴専門店「WORKMAN Shoes(ワークマンシューズ)」2号店を、複合施設「サンシャインシティ」(東京都豊島区)内の専門店街「アルパ」に出店する。同社の一般靴の売り上げは年間100億円を突破しており、4月1日に大阪の「なんばCITY」に初出店した1号店も好調だという。今後はワークマンシューズの出店を加速し、2023年3月期でのワークマンシューズとワークマン既存店を合わせた一般靴の売り上げは、140億〜150億円規模を見込んでいる。

 同店は、同時開店する「#ワークマン女子」サンシャインシティアルパ店の真横に位置しており、レジを共通化して一体運営を行う。2店舗を合わせた面積は132坪で、首都圏の商業施設内店舗では最大面積の旗艦店となる。

 また、10月には吉祥寺の商業施設内に3号店を出店。さらに地方のショッピングセンター敷地内にも5店舗の路面出店が決定しているという。

 取り扱う靴は自社開発製品をメインとし、アウトドア、スポーツ、カジュアル、タウンシューズを展開する。価格は980円、1500円、1900円、2900円で、機能を見ると価格が分かるようにした。

 開発は、キャンプ、ジョギング、ランニング、ハイキング、トレッキング、雨天のタウンユースなど用途別に、アンバサダーの意見を取り入れながら行った。

 注目シューズは、ハタラクジョシを応援する「バレエシューズ」(1680円)と「アクティブパンプス」(2480円)だ。「バレエシューズ」は履き口に伸縮性を持たせ、履きやすく脱げにくくした。また、適度なクッション性のあるインソールで履き心地も柔らかく、ビジネスからお出かけまで、さまざまなシーンで着用できるように工夫した。

 サイズはS、M、Lで、カラーはブラックとブロッサムの2色を展開する。

 「アクティブパンプス」はフィット感にこだわり、長時間の移動でも快適に履ける点にこだわったという。サイズはS、M、Lの3種類で、カラーはブラックとアイボリーに、新色のサックスとキャメルを追加した4色で展開する。

●推進力を生む「ランニングシューズ」や「ハイクシューズ」

 「アスレシューズハイバウンス オーバードライブ」(2900円)は、ソールに反発力のあるカーボン配合プレートを内蔵し、本格的なランニングにも対応できるという。ほかにも100万足の販売実績がある「ハイクシューズ」や、雨の日も走れる「レインシューズ」など機能性シューズで売れ筋を見込む。

 同店で取り扱う製品は62アイテムで、年間売上は初年度1.5億円を目指す。一体運営する「#ワークマン女子」と合わせると5.5億円の売り上げを見込んでいる。

 ワークマンシューズは、製品ラインがそろうまで一品大量陳列で売り上げが取れる都心商業施設内や、郊外ショッピングセンターの敷地内での出店を進める。製品アイテム数が150を超えた段階で路面に単独出店し、主力の路面出店は10年ほどで200店舗を目指す。

 200店舗到達時のワークマンシューズの売り上げは300億円を予想し、ワークマン全体の一般靴の売り上げは合計で600億円を見込んでいる。将来は、独自の高機能プライベートシューズで、ABCマート、チヨダ、ジーフットの靴専業小売3強に次ぐ売り上げを目指す。