ソニーグループは5月10日、2021年度(21年4月〜22年3月)の通期連結決算を発表した。

 全体の売上高は、20年度よりも約9229億円増えて9兆9215億円となり、同社の史上最高額を達成。初の10兆円に迫る数字となった。本業のもうけを示す営業利益は約1兆2023億円で、初めて1兆円の大台を突破した。

 セグメントごとにみると、好調だったのは映画部門だ。売上高は20年度から約65%増、4859億円増えて1兆2389億円。営業利益は、20年度から実に約172%増となる2174億円だった。

 映画部門の好調の要因には、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の世界興行収入が2000億円を超えるメガヒットを達成したことが挙げられる。これ以外にも、『ゴーストバスターズ』シリーズや『バイオハザード』シリーズの最新作なども軒並み好調だった。

 他には、ソニーのミラーレス一眼レフ「αシリーズ」に代表されるデジタルカメラ製品や、産業機器向けイメージセンサーなどを扱うエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューションズ(EP&S)分野(現エンタテインメント・テクノロジー&サービス分野)が、売上高は前年度比約13.1%増の2兆3392億円、営業利益は約66.5%増を達成した。

 音楽事業も、売上高は前年度比約18.8%増の1兆1169億円、営業利益は約14.1%増の2109億円だった。

 全セグメントで最も好調だったのは、20年度に引き続きゲーム&ネットワークサービス(G&NS)事業で、売上高は2兆7398兆円、営業利益は3461億円だった。19年度から20年度に対しては売上高34.3%増、営業利益は43.6%増だった。その一方、20年度から21年度の伸び率は売上高約3.1%増、営業利益は約1.3%増にとどまり、伸び悩む格好となった。

 これらの要因として、ソニーは「アドオンコンテンツを含む自社制作以外のタイトルを中心としたゲームソフトウェア販売減少」を挙げている。これはつまり、この1年の間に大きなヒット作に恵まれなかったということだ。

●任天堂の通年度決算

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントの家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)に並び、家庭用ゲーム機の大きなシェアを持つ任天堂の通年度決算も見てみよう。

 任天堂の21年度の売上高は1兆6953億円で、過去最高だった20年度の1兆7589億円よりも3.6%の減少に転じた。本業のもうけを示す営業利益では、21年度は5927億円で7.5%減少している。売上高、営業利益いずれも前年度比でマイナスであり、「減収減益」の形となった。

 一見すると、任天堂はソニー以上にゲーム事業が不振に陥っているようにも見える。だが、21年度の売上高1兆6953億円という数字は、ゲーム機「Wii」の販売などで最高となった08年度の1兆8386億円、20年度の1兆7589億円に次ぐ過去3番目だ。

 営業利益も、20年度は19年度比81.8%増の6406億円という数字を出しており、過去最高だった。21年度の5927億円という営業利益は、歴代2位に匹敵する業績となっている。つまり、コロナ禍の巣ごもり需要の影響を受けた20年度が高い業績となり過ぎただけで、依然として高い業績をあげ続けているのだ。

 ゲーム機の販売も好調に推移している。Nintendo Switchは17年3月に登場し、発売から5年を迎えた。21年度は20年度比20.0%減となったものの、2306万台を販売している。

 単純比較はできないものの、22年3月期(21年4月〜22年3月)の出荷数が1150万台にとどまったPS5の倍以上の台数を、なおも出荷している形だ。

 また、ハードウェアに対し、ソフトウェアの販売は伸びており、21年度のソフト販売本数は昨年度比1.8%増となる2億3507本だった。

 21年10月には、有機ELディスプレイを搭載した「新型Switch」の販売を開始しており、2306万台中、約4分の1の580万台を占めている。

●転売ヤ―の影響受けず 家電量販店のサイトで注文可能

 こうした新型ゲーム機は「転売ヤー」の餌食によって入手困難に陥ることが近年少なくない。ところが、この有機EL版の新型Switchは5月現在、1人1台限りという制約はあるものの、ヨドバシカメラなど家電量販店のサイト上で、すぐに注文できる状態だ。需要に対して十分な供給量が担保され、これに加えて転売対策が功を奏している状況といえる。

 対するソニーのPS5は、半導体不足などの影響から十分な部品を確保できておらず、発売当初から欲しいときにすぐ手に入らない状況が続いている。こうした入手性の違いも、ハードウェアの販売台数に明暗が出た要因といえそうだ。

(フリーライター河嶌太郎)