ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)の販売台数が伸び悩んでいる。PS5は2020年11月に発売し、21年3月末までの20年度で約780万台が世界で出荷された。

 ソニーグループは20年度の連結決算の発表会で、21年度のPS5出荷台数として、全世界で1480万台以上を目標としていた。だが、結果的に予測値を330万台下回る1150万台の出荷にとどまった。

 出荷が思うように進んでいない理由は、世界的な半導体不足の影響を受け、PS5の需要に見合う供給ができていないことだ。この世界的な半導体不足は米中の貿易摩擦や新型コロナウイルスの世界的流行による需要の増加などに端を発している。

 さらに22年に入ってからはウクライナ戦争の影響もあって、さらに需要が増加した。パソコンに匹敵するハイスペック機をうたうPS5にとっては、他のゲーム機に比べ多くの半導体部品を必要としており、作りたくても満足に生産できない状況がずっと続いているのだ。

●大手家電量販店も対策

 特に、日本国内での供給は発売当初から厳しい状況が続いていて、そのため“転売ヤー”と呼ばれる個人の転売業者と、量販店との攻防も繰り広げられている。

 例えば、大手家電量販店のヨドバシカメラでは、PS5の販売日時を不定期にした“ゲリラ販売”にし、かつヨドバシカメラ発行のクレジットカードを持っている会員にのみ1人1台買えるようにするなどの対策をしている。

 他にも転売対策として、購入時に箱に油性マジックで名前を書かせたり、「開封済」という文字が書かれたシールを貼った上で購入客に箱を開封させたりといった対応をしている販売店もある。

●転売ヤー「1台転売するだけで2万円近い利益」

 PS5の発売から1年半以上が経過しようとしているが、転売商材としての価値は依然として高いという。“転売ヤー”歴10年以上の男性(32)はこう説明する。

 「標準モデルの定価が5万4978円のところ、21年末ごろまでは10万円以上で買い取ってくれる中華系の業者も少なくありませんでした。今年の旧正月前以降は落ち着きつつはありますが、それでも約8万円の買い取り額にはなり、1台転売するだけで2万円近い利益になります」

 だが、こうした状況も落ち着く可能性がある。PS5を開発・販売するSIEのジム・ライアン社長は5月26日、PS5の生産を大幅に拡大する方針を明らかにした。ロイター通信の報道によるとライアン社長はソニーグループの事業説明会で、「部品不足は改善しつつある」とした上で、「今年は(PS5の)生産を大きく増やす」と話している。

 ソニーはPS5の販売目標として、22年度は1800万台の出荷を見込んでいる。これは、21年度の目標値である1480万台を上回る数字だ。ただ、これは全世界に向けた出荷台数であり、このうちのどれほどが国内に供給されるかは定かではない。「全世界への出荷台数に対して国内向けが少なすぎる」という指摘は発売当初からあり、ここがクリアされない限りは、日本国内の状況の改善は程遠いだろう。

 また、転売されたPS5のうち、少なからぬ数が日本国外に流出しているとみられている。そのため、販売側にとってはどれくらいの実需があるかも把握しづらい状況になっている。決算発表会でも触れられていたが、PS5はハードの売れ筋に対して、ソフトの売り上げが奮っていない状況にもある。

●転売ヤー「PS5はもはや投機商品」

 先述の“転売ヤー”歴10年以上の男性はこう話す。

 「PS5はもはや投機商品であって、どれほどの人が本当に欲しいのか分からないですね。自分もPS5でしか遊べないゲームをするために、どうしてもPS5が欲しいかと聞かれたら首をかしげます。少なくとも自分の周りでは、PS5が本当に喉から手が出るほど欲しいコアゲーマーのもとにはヨドバシカメラなどのゲリラ販売などを通じて既に行き渡っている感じがします」

 実際、PS5でしか遊べないソフトのラインアップを見ると、海外発の「洋ゲー」と呼ばれる作品が多い。実は、これが国内への出荷台数が少ない原因にもなっている。

 今年に入って売れ筋となっているソフトには『ELDEN RING(エルデンリング)』(フロム・ソフトウェア)や『グランツーリスモ7』(SIE)などがあるが、いずれもPS4でもプレイすることが可能で、何がなんでもPS5を手に入れないと遊べないものではない。

 他にも、PS5の性能を引き出せるだけのテレビがそこまで普及していないのも原因として挙げられる。PS5は現状でも4K画質で秒間120コマ(120fps)、将来的には8K画質への対応をソフトウェアアップデートで予定している。現状の4K/120fpsの性能を引き出せるテレビを買おうとすると、それだけで約10万円以上の出費になるのだ。

 こういうところからも、特にライトなユーザーにとって「無理してでもPS5が欲しい」とはなかなかなりづらい側面がある。現に、「PS5買うのを諦めた」という言説はネット上で少なくない。

●ライト需要を取り込めるかがカギ

 もちろん、PS5の性能が十二分に発揮できる環境ではないけれども、PS4からとりあえず買い換えたいという層は少なからず存在する。現に、任天堂はこうしたライトな需要にも応えられる供給を、21年10月発売の有機ELディスプレイを搭載した「新型Switch」でも実現していて、売り上げは好調だ。

 定価での即時購入が困難なPS5。それに対し「新型Switch」は、大手家電量販店のショッピングサイトでも定価で買うことができる状況にある。

 果たしてPS5にどれほどの「ライト需要」があるのか。これからが正念場となりそうだ。

(【執筆】フリーライター河嶌太郎、【編集】アイティメディア今野大一)