新卒採用支援を手掛けるリーディングマーク(東京都港区)は、難関大学12校の生徒を対象に実施した「2023年卒就職人気企業ランキング」の結果を発表した。

 総合ランキングの1位は「三菱商事」、2位は「三井物産」、3位は「伊藤忠商事」という結果に。4位には「住友商事」、7位に「丸紅」がランクインするなど、総合商社が高い人気を集めていることが分かった。

 1位の三菱商事は、2年連続で首位を獲得した。属性や地域を問わず、どの大学からも人気が高かった。

 6位に「三井住友銀行」、8位に「三菱UFJ銀行」がランクインするなど、メガバンクも人気が高かった。「日本政策投資銀行」は31位から16位にランクアップしている。

 IT・通信企業では、前年の調査と比較して順位が上昇した企業が多かった。「楽天」が14位から12位、「NTTデータ」が19位から13位、「NTTドコモ」が68位→44位、「KDDI」が64位→37位にランクアップした。また、ランキングに入っていなかった「ヤフー」が41位と、TOP100にランクインした。

●企業選びで重視する項目

 企業選びで重視する項目を聞くと、1位は「企業の強い社会的責任感(企業の評判とイメージ)」だった。次いで2位「将来のキャリアへの良い関連性(報酬と昇進の機会)」、3位「チャレンジ性のある仕事(仕事の特性)」という結果に。

 2011年に調査を開始してから初めて「将来のキャリアへの良い関連性」が2位にランクインした。同社は「自身のキャリアを中長期的に考える学生が増えていることがうかがえる。入社後、自分を高められるような仕事内容や社内のキャリアステップがあるか、社外でも生かせる汎用的なスキルが身につくのかなどの点は、今後も学生が重要視することが予測される」とコメントした。

●東大、京大の就職人気企業ランキング

 東大生を対象に就職希望先企業を聞くと、1位は「三菱商事」だった。2位は「三井物産」、3位は「伊藤忠商事」、4位は「住友商事」、5位は「丸紅」と続いた。総合商社がTOP5を独占した。

 「ボストン コンサルティング グループ」が15位、「マッキンゼー・アンド・カンパニー」が25位にランクインするなど、戦略ファームも人気が高かった。

 京大のランキング結果も、TOP3は東大と同様に1位「三菱商事」、2位「三井物産」、3位「伊藤忠商事」という結果だった。4位は「三菱地所」、5位は「住友商事」と続いた。

●早慶に人気の企業は?

 早稲田大学の学生を対象に就職希望先企業を聞くと、1位は「三菱商事」だった。2位は「三井物産」、3位は「住友商事」、4位は「伊藤忠商事」、5位は「三菱UFJ銀行」だった。

 慶應のランキング結果も1位は「三菱商事」だった。2位は「三井住友銀行」、3位は「三井物産」、4位は「三菱UFJ銀行」、5位は「伊藤忠商事」だった。

 三菱商事は東大、京大、早慶の4校全てで1位を獲得した。

 調査は2月21日〜3月10日、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京工業大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、九州大学に通う2023年卒業予定の学生を対象にインターネット上で実施した。有効回答数は2146人。