スタジオアリス(大阪市)は、「子どもの習い事と将来に関する調査」を実施した。将来子どもに就いてほしい職業は、男女ともに1位は「会社員」(男の子30.8%、女の子28.4%)、2位は「一般公務員」(男の子18.4%、女の子20.0%)となった。

 その他「人の役に立つ仕事だから」「高収入だから」という理由から、男の子の3位、女の子の4位に「医師」がランクインした。また、女の子の3位「看護師」は、「女性でも長く活躍できるから」「手に職をつけてほしいから」という声が多く寄せられた。

 子どもの将来にどのような不安を抱えているか尋ねたところ、64.6%が「人間関係」と答え、最多となった。以下、「経済的に自立できるか」(36.4%)、「安定した職に就けるか」(33.6%)が続く。

 また、子どもの将来を考えて、いま取り組んでいることや今後取り組みたいことは、「教育資金などお金の積み立て」が59.2%を占めた。積み立てている金額は子ども一人当たり、ひと月に「1万円以上〜1万5000円未満」(14.4%)が最多。

 金銭面以外には、「さまざまな経験をさせる」(38.4%)、「本人の特技を伸ばす」(31.8%)など、幼い頃から経験を積ませたいと考えていることがうかがえる。

●男女ともに人気の習い事は?

 33.2%が、未就学児の子どもに習い事を始めさせていた。習い事を始めさせた年齢は「3歳」(27.7%)が最多となり、次いで、「1歳」(21.1%)、「0歳」(15.0%)と続き、3人に1人は1歳までに習い事を始めることが分かった。

 どのような習い事をさせているか、させたいかを尋ねたところ、男女ともに1位は「水泳」(男の子59.4%、女の子50.2%)だった。また、男女で順位は異なるものの、「英会話・英語教室」「ピアノ」「学習塾・幼児教室」「体操」が上位にランクインした。

 習い事をさせている、させたい理由は、「好きなことや得意なことを見つけてほしい」が74.2%で最多となった。その他「学力や体力を身に付けてほしい」(47.4%)、「幼いうちからさまざまな経験をさせてあげたい」(35.9%)が上位を占めた。

 調査は、未就学児を育てる男女500人を対象にインターネットにて実施した。調査期間は5月6〜10日。