インターネットリサーチを手掛けるネットエイジア(東京都中央区)は、現在仕事に就いていてタバコを吸っていない人を対象に、喫煙習慣と仕事の評価などについて意識調査した。

 喫煙者は仕事ができない人だと思うかどうか質問したところ、「そう思わない」と答えた人が84.6%で、「そう思う」(15.4%)を大きく上回った。喫煙習慣を業務能力の評価に結び付けることは、合理的ではないと考える人が多いことが見てとれる。男女・年代別にみると、「そう思わない」と回答した人の割合は30代女性(93.1%)と60代女性(93.5%)で9割以上だった。

 喫煙スペースなどでタバコを吸うために離席する“タバコ休憩”について、受動喫煙防止など周囲に配慮すればしてもいいと思うか聞くと、「そう思う」が57.9%で、「そう思わない」は42.1%となった。周囲の人への配慮があれば、タバコ休憩を容認できる人が6割弱で多数派だった。年代別にみると、「そう思う」と回答した人の割合は30代(66.0%)が最も多かった。

●「きちんと仕事できれば、タバコ休憩OK」6割

 仕事・業務をきちんと遂行していれば、タバコ休憩をしてもいいと思うかどうかを尋ねたところ、「そう思う」が61.7%で、「そう思わない」が38.3%だった。

 企業が休憩中まで従業員に禁煙を求めることはやり過ぎだと思うかどうかを聞いたところ、「そう思う」と答えた人は半数以上の56.2%だった。年代別にみると、「そう思う」と回答した人の割合は30代(61.1%)が最も高かった。

 また、企業がテレワーク時まで従業員に禁煙を求めることはやり過ぎだと思うかどうかは、「そう思う」が64.7%で、テレワーク中に企業が干渉することに否定的な意見を持つ人が6割を超えた。

 インターネットを使った調査で、20〜60代の働く男女655人が回答した。調査期間は4月20〜21日。