oricon ME(東京都港区)が「転職サイト」「転職スカウトサービス」「派遣情報サイト」「求人情報サービス」の満足度調査を実施し、その結果を発表した。転職サイトのランキングでは、「エン転職」が69.3点を獲得し、5年連続で総合1位となった。

 エン転職は、評価項目の「サイトの使いやすさ」「検索のしやすさ」「求人情報」「応募のしやすさ」の全4項目でトップに。なかでも「サイトの使いやすさ」は2019年から4年連続で1位を獲得し、継続的に高い評価を得ている結果となった。また、部門の男女別の「男性」、年代別の「20代」「40代以上」でも1位となった。

 エン転職の利用者からは、「スカウト機能が良かったです。知らない業種や場所の仕事も検討材料として、探す幅が広がりました」(30代・女性)、「掲載数が多く条件マッチ度が高いものから順に表示されているので、応募するまでが楽だった」(20代・男性)といったコメントが寄せられた。

 総合ランキングの2位は「doda」(68.5点)、3位には「マイナビ転職」(68.4点)と続いた。一方で、21年から新設された女性部門では「女の転職type」が初の1位を獲得した。利用者からは「女性向けの仕事や、女性に特化した福利厚生が充実している会社が多かった」(20代・女性)、「女性比率や管理職率、子育て社員の数などが求人情報に掲載されていて、働くイメージが掴みやすい」(30代・女性)などの意見が集まった。

 調査期間は、20年1月23日〜2月10日、21年2月8〜19日、22年1月21日〜2月2日で、過去5年以内に転職サイトを使って転職し正社員として就業した経験のある20〜59歳の男女4552人を対象とした。

 本調査における転職サイトの定義は、「人材紹介だけでなく、企業に直接応募できる求人を扱っている」「全国の求人を扱っている」「複数の職種・業種の求人を扱っている」「特定のユーザー属性に限定していない」「検索エンジンや他サイトの横断検索サイトでない」「単なる求人情報の掲載だけでなく、会員登録することで企業や転職エージェントなどからのスカウトやオファーに該当する機能を有している」の全てを満たしていること。

●転職スカウトサービスの1位は「リクルートダイレクトスカウト」

 今回初調査となる「転職スカウトサービス」では、「リクルートダイレクトスカウト」(70.7点)が総合1位となった。評価項目では「登録のしやすさ」「サイトの使いやすさ」「スカウトの納得感」の3項目のほか、スカウトを受けたヘッドハンターと面談した人を対象とした「ヘッドハンターの対応力」部門でも1位となり、評価項目・部門ともに全項目で高い評価となった。

 利用者からは、「初期登録がしやすく、企業案件が見やすいので、自身の希望企業とのレスポンスが取りやすい点が良かった」(30代・男性)、「幅広い企業が参入しているため、知り得なかった優秀な企業からアプローチがあった」(50代・女性)などの声があがった。

 総合ランキングの2位は「ビズリーチ」(69.3点)、3位は「ミドルの転職」(68.8点)と続いた。

 本調査における転職スカウトサービスの定義は「中途人材の採用を考えている企業およびヘッドハンターから求職者へのスカウトを主とする」「複数の職種・業種を扱っている」「Webサイトで提供している」の全てを満たしていること。ただし、転職情報を提供するサイトに付帯するスカウト機能は対象外とした。

 調査期間は1月5〜17日。 過去3年以内に転職スカウトサービスを使用し、スカウトを受けた経験のある20〜59歳の男女1314人を対象とした。

 このほか、派遣情報サイトの調査では「エン派遣」(70.3点)が、求人情報サービスは「Indeed」(71.9点)がそれぞれ1位となった。