トヨタ自動車は、電動車バッテリー技術を活用した住宅用蓄電池システム「おうち給電システム」を開発した。6月2日から、先行予約を受け付け、8月よりハウスメーカーや総合施工会社を通じ日本国内で販売する。

 同システムは、トヨタの電池制御など電動車用バッテリーの技術を応用し、電池の安全性を確保した。8.7kWhの定格容量と5.5kWの定格出力を備え、平時だけでなく災害などによる停電時にも家全体に電力の共有が可能となる。また、太陽光発電システムと連携することで、昼間と夜間それぞれの時間帯において、ユーザーのニーズに合わせた最適な電力供給を可能とする。

 同社ならではの機能として、電動車(HEV・PHEV・BEV・FCEV)のAC100V出力からの給電に対応し、停電時のバックアップ電源として、電動車に蓄えた電気を使うこともできる。

 加えて、ハイブリットパワーコンディショナと接続した無線LANルーターを介し、スマートフォンなどにダウンロードした専用アプリから、蓄電量の確認、運転モード設定などをリアルタイムで操作可能となる。