日経リサーチ(東京都千代田区)は6月6日、商業施設の利用実態を調査した「商圏センサス」首都圏版の最新データを発表した。1都3県の商業施設約700カ所(一部圏外施設も含む)を対象に実施し、調査データの中から各施設の利用率に着目して、商業施設の集客力ランキングも発表した。

 集客力ランキングの1位は「西武池袋本店」。2020年秋の調査以降、4期連続の首位となった。2位は「伊勢丹 新宿店」、3位「渋谷ヒカリエ」で、21年春調査と順位に変動はなかったが、10位内では3施設が入れ替わった。上昇が目立ったのは4位の「京王百貨店 新宿店」(前回14位)と10位の「ルミネ新宿」(同16位)。結果、新宿エリアの商業施設は合計4カ所に。

 5位は「小田急百貨店 新宿店」、以下「東武百貨店 池袋店」「池袋サンシャインシティ(アルタ、アルパ)」、「御殿場プレミアムアウトレット」「そごう 横浜店」と続いた。

 4位の「京王百貨店 新宿店」の利用者は、21年春より女性20代以下が大幅に増加し、利用目的では「化粧品の買い物」が増えた。「京王百貨店はアプリを使って幅広い顧客層にタッチポイントを広げる取り組みを進めており、その効果が出ているようだ」(日経リサーチ)。

 10位の「ルミネ新宿」は21年春と比べ、10キロメートル圏内の近距離からの来店が減少したが、立川市や八王子市など10キロメートル圏外からの来店が増加した。「今後、6月の『ビックロ ユニクロ新宿東口店』の閉店、10月に決まった5位の『小田急百貨店 新宿店』の本館閉館を契機に、さらに大きな人流の変化があるかもしれない」(同社)。

 本データは、首都圏約1万4000人の居住者を対象としていて、商業施設の利用状況や属性に関する結果をまとめている。調査は春と秋の年2回実施しており、22年春の調査は1都3県の商業施設約700カ所を対象としている。