コカ・コーラシステムは、「い・ろ・は・す 天然水」のペットボトルを13年ぶりに刷新した。6月20日より北海道で先行発売する。内容量540ミリリットルで、実勢価格は120円。

 2009年に発売を開始した「い・ろ・は・す 天然水」は、「おいしい」と「環境にいい」を両立したナチュラルミネラルウオーターブランド。容器を常に探求し続け、20年3月に「い・ろ・は・す 天然水 100%リサイクルペットボトル」、同年4月に「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」を発売してきた。

 今回のリニューアルでは、「おいしい」「環境にいい」はそのままに、「心地よさ」の要素を追加。ボトル本体に、リブ構造(溝)をなくしても容器に必要な強度を確保できる「スパイラル(ひねり)構造」を採用した。

 さらにラベルを下部に配置した「ラベルレスルック」デザインを取り入れ、水の流れのような清涼感や、天然水の透明感をより強調するボトルとなっている。容器構造により、天然水がスムーズに口の中に流れこみ、飲んだ時によりおいしく、心地よく楽しめるようになっているという。

 飲んだ後も簡単に平たくたためるため、使用済みペットボトルをリサイクルに適した状態で資源回収に出すことができる。

●くだものフレーバーも発売

 6月20日には、新ボトルを採用した「い・ろ・は・す」くだものフレーバーウオーターシリーズも北海道で先行発売。厳選した日本の天然水を使用し、おいしい果物エキスが入ったさわやかなフルーツフレーバーとなっている。

 フレーバーはもも、みかん、なし、ハスカップ、シャインマスカットの5種類。内容量は各540ミリリットルで、実勢価格は各120円。