多数の路線が乗り入れ、1日の乗降客数が世界で最も多い駅としてギネス世界記録にも認定された新宿駅――。渋谷駅や池袋駅と並んで東京都内の3大繁華街にも数えられる新宿駅にアクセスしやすい中古マンションの価格相場はどうなっているのか。

 新宿駅まで30分以内かつ、中古マンションの価格相場が安い駅を、リクルートが運営するニュースサイト「SUUMOジャーナル(スーモジャーナル)」が調査したところ、シングル向け物件(専有面積20〜50平米未満)の1位は「大森駅」だった。

 大森駅は、東京都大田区に位置するJR京浜東北・根岸線の駅。価格相場は2480万円で、新宿駅の相場(4780万円)の約2分の1となった。大森駅は1876年開業という歴史ある駅で、路線は1本のみ。ただ、駅ビル「アトレ大森」が併設され、駅北側にも「大森駅ビルRaRa」があり、駅周辺には商業施設が充実している。また、大森銀座商店街「Milpa(ミルパ)」をはじめ商店街も駅の東口側・西口側の両方に広がっている。

 マンションなどの住宅は駅西口側に多く、古くからの屋敷街・山王地区も見られる。東口側は商業施設やオフィスビルが多く見られ、東へ10分ほど歩くと京浜急行本線・大森海岸駅、さらに東に向かうと「しながわ水族館」があるなど多彩な顔を持つ街並みが魅力だ。

 新宿駅までは、JR京浜東北・根岸線で品川駅に出て、JR山手線に乗り換えて大崎駅へ、そしてJR埼京線に乗り換えて約24分で到着する。また、品川駅からJR山手線で恵比寿駅に向かい、JR湘南新宿ラインに乗り換える行き方も可能だ。さらに、JR京浜東北・根岸線で大井町駅へ行き、JR埼京線直通のりんかい線に乗る方法では新宿駅まで乗り換え1回で済み、計約26分で到着する。

 シングル向けのランキングではトップ15のうち13の駅が都内からランクイン。2位は「西川口」、3位は「ときわ台」と続いた。

 西川口駅は1位の大森駅と同じくJR京浜東北・根岸線の駅で、価格相場は2498万円。駅のある埼玉県川口市は県を代表する中核市の一つで、東京との都県境に位置し、新宿駅までは乗り換え1回・計約23分で到着する。

 3位のときわ台駅は東京都板橋区にある東武東上線の駅で、価格相場は2500万円。東武東上線に乗ると5駅・約9分で池袋駅に行くことができ、JR埼京線に乗り継げば、新宿駅まで計約20分で到着する。

●カップル&ファミリー向け中古マンション1位は「読売ランド前駅」

 カップル&ファミリー向け中古マンション(専有面積50〜80平米未満)のランキングの1位は「読売ランド前駅」となった。トップ15にランクインした駅はいずれも新宿駅の価格相場(7980万)の2分の1以下だったが、なかでも読売ランド前駅は3分の1以下である2639万円だった。

 読売ランド前駅は神奈川県川崎市多摩区に位置し、小田急小田原線の通勤準急で登戸駅に出た後、快速急行に乗り換えると約24分で新宿駅に到着する。駅前からバスで約10分の位置に遊園地「よみうりランド」があり、遊園地の隣接地にはフラワーパーク「HANA・BIYORI」や日帰り入浴施設「丘の湯」、ゴルフ練習場などがある。

 駅周辺には、北口側に日本女子大のキャンパスがあり、南口駅前には100円ショップを併設したスーパーやドラッグストア、ファストフード店があるほか、自家製ハム・ソーセージが人気の精肉店などが店を構える商店街が広がっている。

 この商店街には多摩区による「子育て支援パスポート」の協賛店もあり、18歳までの子どもがいる住民に発行されるパスポートを提示すると、代金が割引になるなどのサービスが用意されている。

 2位は「京王稲田堤」、3位は「百合ヶ丘」と続いた。

 2位の京王稲田堤は京王相模原線の駅で価格相場は2700万円。新宿駅までは、京王相模原線の快速で調布駅に出て、京王線特急に乗り換えると計約28分で到着する。また、京王線直通の京王相模原線特急に乗れば、新宿駅まで乗り換えせずに30分前後で行くことも可能。

 3位の百合ヶ丘駅は川崎市麻生区にある小田急小田原線の駅で、価格相場は2730万円だった。

 調査は、SUUMOに掲載されている新宿駅まで電車で30分圏内の駅(掲載物件が11件以上ある駅に限る)を対象に、「駅徒歩15分圏内」「物件価格相場3億円以下」「築年数35年未満」「敷地権利は所有権のみ」という条件のもと実施。データの抽出期間は1〜3月で、掲載された中古マンション価格から中央値を算出した。