ホテルニューオータニ(東京)は6月10日、館内利用券やコーヒーショップ SATSUKIの「新・最強の朝食」など最大5つの特典が付いた「“もっと”贅沢プラン」を期間限定で発売する。同日から都民割「もっとTokyo」がスタートすることを受けてのプラン。お得感の訴求とホテルならではのサービスを展開し、需要の取り込みを図る。

 2020年秋に初めて実施された「もっと楽しもう!Tokyo Tokyo」(通称「もっとTokyo」)は、感染防止対策を徹底した都内旅行商品への支援と、都民の東京観光ニーズをサポートするために打ち出された。今年は6月10日〜7月31日に実施することが発表され、期間中は、ワクチン3回接種済みか検査結果が陰性である都民を対象に、都内宿泊旅行で1人1泊あたり5000円分の助成を受けられる。

 ホテルニューオータニが前回の「もっとTokyo」実施時に販売し、即日完売した宿泊プラン「もっとTokyo! Motto 女子旅」は、女性限定のプランだったが今回は性別問わず利用できるプランに刷新。ソロ活や女子旅、父の日のお祝いといったさまざまなシーンで利用できるサービスを用意した。

 同プランでは5つの特典を用意。館内の対象レストランやショップで利用できる館内利用券を1泊1人あたり1万円分プレゼントする他、同ホテルのグランシェフ中島眞介氏がプロデュースする朝食ビュッフェ SATSUKI「新・最強の朝食」もセットにした。

 朝食は、“健康”と“発酵”をテーマに、和・洋・中100種類を超えるメニューを用意している。

 また、チェックイン開始の時間を午後2時から午前11時に変更。2連泊以上で利用する場合はチェックアウト時間を午後6時まで延長する。荷物を持たずに都内観光やホテル内の散策を楽しめるようにした。

 さらに、ザ・メインのスタンダード、デラックスを予約したお客限定で、ヒノキ風呂付きの部屋「新江戸ルーム」へのアップグレードを1室あたり1万円の追加で可能とした。

 販売期間は、6月10日〜7月31日。料金は「ザ・メイン スタンダードルーム」(36平方メートル)が5万円から、「ザ・メイン デラックスルーム」 (45平方メートルから)は6万400円からとした。いずれも1泊2人利用時の1泊室料、朝食、館内利用券、税金・サービス料が含まれる。予約は、6月10日正午からインターネット限定で受け付ける。