仏アコーホテルズが運営するホテル「プルマン東京田町」(東京都港区)は、都民の都内観光を促すため1泊あたり5000円を助成する事業「もっとTokyo」を通し、東京都民へ向けたクーポン付きのプランを発売した。東京都民割に加え、館内で使えるクーポン特典を付けることで、宿泊客の獲得を狙う。プルマン東京田町に問い合わせたところ、同プランは「即日で完売した」という。

 「もっとTokyo」は、1回の旅行で5泊まで利用でき、利用回数の制限はない。さらに18歳以下は、プラス1000円の助成が受けられるという。

 今回のプランは、1人1泊1万5000円の素泊まりプランに5000円の助成を受け、さらにホテル館内で使える5000円分のクーポンを用意した。先着50人限定で販売する。

 5000円分のクーポンは、レストランやバーでの食事に使え、館内全てのサービスで利用できるようにした。

 また、普段は2人利用で1万3500円の料金がかかるエグゼクティブラウンジアクセス付きの部屋へのアップグレードが、今回は5000円分のクーポンを使うと追加料金なしで利用可能とした。通常2人で1室1泊3万円の宿泊料金が、都民割1万円とクーポン1万円、ラウンジ特別割引3500円を引くと、1人の宿泊料金は3250円となる。

●スイートルームに半額以下で泊まれるサービス

 もう1つのプランは、朝食やアフタヌーンティーのデザートとラウンジアクセス付きで、スイートルームに半額以下で泊まれるサービスを用意した。1人5000円の助成金を受け、2人利用で1泊4万8000円の宿泊料金に対し1人につき1万9000円、3人利用で1泊6万円の宿泊料金を1万5000円にするプランだ。また、12歳以下の添い寝の子どもについては宿泊料金を無料で提供する。

 キャンペーン期間は、7月31日まで。なお、東京都民でワクチン接種歴(3回)またはPCR検査などで陰性であることが確認できた人を対象とする。