BANDAI SPIRITSは6月20日、映画『シン・ウルトラマン』に登場する、ウルトラマンの変身アイテム「ベーターカプセル」のレプリカを発売すると発表した。人気IPのアイテムを投入し、ファンの購買を狙う。

 主人公・神永新二がウルトラマンへ変身する際に使用する「ベーターカプセル」を商品化。本体全体に塗装を施し、カプセル部分にはアクリル素材を使用することで、重厚感あるデザインを再現した。

 カプセル部には3つのLEDを搭載し、劇中さながらの発光ギミックを再現。本体中央のスイッチは、劇中同様2段でポップアップする構造にした。スイッチを一度押すと待機音が、再度スイッチを押すと変身音が発動する。

 音声仕様は、劇中で使用された音声を収録。神永新二がウルトラマンに変身する際の変身待機音・変身音で変身遊びを楽しめるようにした。

 価格は1万1000円で、バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」で販売。6月20日から予約受付を開始する。

 映画『シン・ウルトラマン』は5月13日に公開。公開初日から24日間で観客動員214万人、興行収入31.8億円のヒットを記録している。

 BANDAI SPIRITSの親会社バンダイナムコホールディングスが発表した2022年3月期通期決算資料によると、IP別売上高(国内トイホビー)でウルトラマンは80億円。機動戦士ガンダム、ドラゴンボール、ワンピース、仮面ライダーに次ぐ人気IPだ。23年3月期は95億円を見込んでいる。