にしがき(京都府京丹後市)は、全20棟の大型グランピング施設「グランドーム千葉富津」を8月にオープンする。6月20日に、リゾートグランピングドットコムで予約受付を開始した。

●全20棟6タイプのグランピングリゾート

 都心から約60分、千葉県富津市に誕生する大型グランピング施設。温泉&プライベートプール付き、プライベートサウナ付き、キャンプファイヤー付き、ペット同伴可など6タイプの部屋があり、宿泊料金は2〜5人利用の「シアタードーム」の場合、5人利用時で1人1万2430円から。

 管理棟では「7つのマルシェ」として、地元農家が作る野菜が並ぶ「おやさいマルシェ」やフリードリンクを楽しむBAR「SAKEマルシェ」など、同施設での滞在をより楽しめる体験も用意している。

●内装が異なる5タイプの「グランピングドーム」

 全20棟のうち、17棟は直径7メートルの大型ドーム型テントを使用した5タイプの「グランピングドーム」。残り3棟は温泉ソムリエ推奨の黒温泉とプライベートプールが付いた「アウトドアヴィラ」となる。内装は部屋タイプごとにテーマが異なり、好みの部屋を選択できるようにした。

 グランピングドームは、テント内にプロジェクターを設置した「シアタードーム」、プライベートサウナ付き「プライベートサウナドーム」、吊り下げ型のハンモックを設置した「ハンモックドーム」、340平米のプライベートドッグランがある「ドッグランドーム」(2ベッド/4ベッド)があり、定員は各2〜5人。すべての部屋にファイヤーピットを設置しており、プライベート空間でキャンプファイヤーを楽しめるようにしている。

●天然温泉付きの「アウトドアヴィラ」

 アウトドアヴィラは6角形を3つ合わせたような独特な形状で、室内にシングルベッドを4台配置。マットレスを使用すれば最大8人まで宿泊可能となる。専用のBBQスペース、キッチン、お風呂、トイレを完備し、ゆったりとしたプライベート空間を用意した。

 各テントのデッキスペースには個別のトイレ、お風呂、食事スペースを完備。お風呂は露天風呂となっており、ヴィラタイプには「黒温泉」を配湯。トイレは「トイレの音が気になる」という女性の意見を配慮し、テント内ではなく、テントに隣接する形で個別トイレを設置している。

 食事は食材持込でオリジナルBBQを楽しむ「素泊りプラン」のほか、地元産食材にこだわったグランピングBBQも用意。千葉県のブランド和牛「かずさ和牛」やブランド豚、地元産野菜、房総エリアならではの金目鯛やサザエなど、豊富な海産を提供している。