上野動物園(東京都台東区)で産まれた双子のジャイアントパンダ「シャオシャオ」「レイレイ」が、2022年6月23日に1歳を迎える。動物園のみならず、上野のさまざまな場所で限定グッズやパンダモチーフの商品が多数発売され、街全体が2匹の誕生日を盛大に祝おうとするムードに包まれている。

 振り返れば、双子パンダが生まれた21年6月はコロナ禍まっただ中ということもあり、社会的にも経済的にも暗いニュースが多かった。現在も円安、物価上昇などネガティブなニュースが日々報道されているが、「双子パンダ誕生」という明るい出来事は経済的にどのような影響を与えるのか――せっかくの節目の機会なので、コロナ禍に誕生した双子パンダがもたらす経済効果について調べてみた。

●経済効果は308億円 シャンシャン超え

 経済効果の話に入る前に、上野動物園の双子パンダについて説明しよう。同動物園では、現在5頭のパンダが暮らしている。双子パンダの父親のリーリー、母親のシンシン、5年前に同動物園で生まれた姉のシャンシャン、そして今回誕生したシャオシャオ(オス)とレイレイ(メス)だ。

 数理経済学を専門とする関西大学の宮本勝浩名誉教授によると、双子パンダのお披露目から1年間の東京都内における経済効果は約308億円になるという。対して、5年前の17年にシャンシャン誕生がもたらした経済効果は約267億円だった。約50億円近く効果が異なる背景として、「双子という希少性」「コロナ禍で巣ごもりしていた人々が、老若男女に関係なく癒しを求めに訪れる」などの理由を宮本名誉教授は挙げている。

●双子パンダの誕生で最も恩恵を受ける「業界」は?

 今回紹介する経済効果とは「ある出来事によって生じる経済的な効果をシミュレーションし、特定の国や地域に及ぼす影響を金額で表したもの」だ。算定時に用いられるのは「経済波及効果」という考えで、「直接効果」「一次波及効果」 「二次波及効果」の3つから成り立っている。

 直接効果は、双子パンダを見るために上野動物園へやってきた観光客が、現地で消費する金額の総額だ。例えば、入園料、飲食費、交通費、宿泊費、土産やグッズ代などが当てはまる。

 一次波及効果は、直接効果で消費される原材料の生産増加に伴い、原材料の販売や製造に関わる企業の売上増加額を指す。例えば、シャオシャオとレイレイが誕生したことで、ぬいぐるみや菓子、文房具などの関連グッズが多数生産された。グッズ生産に伴い、原材料の消費も増えたことで、原材料の販売や製造に関わる企業の利益も増加する。このグッズ販売(直接効果)による需要増加を満たすために生産が増加した分の原材料の売上が、一次波及効果だ。

 直接効果と一次波及効果の影響でその産業や原材料生産に関わる企業、従業員の所得が増加し、消費が増加する。所得増加が促進する消費活動を二次波及効果と呼ぶ。

 今回、最も経済効果の恩恵を受ける業界は「旅行・観光業界、上野界隈の飲食店やお土産屋」と宮本名誉教授は話す。サンケイスポーツの21年6月23日付けの記事によると、シンシンが双子を出産したタイミングで、ともに上野に店舗を構える中華レストラン「東天紅」「精養軒」といった「パンダ関連株」の株価が上昇したという。

 最近はオンラインショップなどを構える企業が増えていることから、「上野に直接店舗がないとしても、文房具やカバンなどのパンダグッズをオンラインで販売する企業や店も少なからず経済的な影響を受けているだろう」と宮本名誉教授は分析する。

●7頭のパンダを所有するアドベンチャーワールド VS 上野動物園

 では、同じ双子パンダであれば、日本国内どこにいても経済効果は変わらないのだろうか。7頭のジャイアントパンダを所有する和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」では、14年に誕生した双子のジャイアントパンダ姉妹「桜浜(おうひん)」「桃浜(とうひん)」が暮らしている。

 22年6月現在、日本国内でジャイアントパンダが飼育・展示されているのは上野動物園、アドベンチャーワールド、神戸市立王子動物園の3カ所。中でも、アドベンチャーワールドは国内で最もパンダの飼育数が多い。

 この疑問を宮本名誉教授に投げかけてみた。算出時期に違いがあることを前置きした上で、同じ双子パンダという点で比較すると「桜浜と桃浜の経済効果は約110億円(当時)であったため、経済効果としては上野動物園の方が大きい」との説明だった。

 「上野動物園の方が経済効果が大きい理由としては『入園料』『訪問目的』『交通の便』の3つが考えられる。例えば、入園料は上野動物園だと大人1人当たり600円に対し、アドベンチャーワールドは4800円(取材時点)と約8倍。入園料が安いというだけで、何度も訪問しやすくなる」(宮本名誉教授)

 宮本名誉教授は、白浜町の立地と交通の便に着目し、次のように説明を続けた。

 「白浜町には、海水浴場の白良浜や白浜温泉などもあるが、大半の人の目的はアドベンチャーワールドだろう。しかし、上野は違う。都内にはさまざまな観光スポットがあり、仕事や用事終わりの人でも、行こうと思えばその足で上野動物園へ行ける。アドベンチャーワールド周辺は交通の便があまり良くないため、車での移動が求められる。普段、運転をしない人やできない人からすると、行動が制限される可能性が高い。一方、都内は交通の便も白浜町と比べて圧倒的に良い」(宮本名誉教授)

 パンダを見に行きやすい環境がどれだけそろっているかに、経済効果は大きく左右されることが分かる。

●プロ野球の日本シリーズ優勝と同等の経済効果

 上野動物園の双子パンダが持つ経済効果は、私たちの身近だと、どのような現象と同じ影響力を持っているのだろうか。

 宮本名誉教授が挙げたのは、「13年の東北楽天ゴールデンイーグルスの優勝」「15年の福岡ソフトバンクホークスの優勝」だった。どちらの年も、パ・リーグ制覇そして日本シリーズの栄冠に輝いている。つまり、双子パンダの経済効果は日本シリーズ優勝と同じだけの影響力を持つことになる。

 ちなみに、宮本名誉教授の試算によると「ビッグボス」の愛称で親しまれる北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督の経済効果は約59億円だという。驚くことに、双子パンダの約5分の1の影響力に留まる。この背景には、「人の場合には、人気や成績、観客動員数などの外部要因に左右されやすい」(宮本名誉教授)ことが関係する。一方、パンダなどの動物は外部要因に影響されにくく、経済効果は安定しやすいとのことだ。

●コロナ禍でパンダ需要は変動するのか?

 とは言いつつ、新型コロナウイルスによる影響は避けて通れない話題だろう。今回、宮本名誉教授が「上野動物園の双子パンダの経済効果(速報版)」を発表したのは、新型コロナウイルス感染拡大による影響が読みにくい21年6月だった。

 コロナ禍の影響を加味した経済効果を再計算するのかと質問したところ、宮本名誉教授からは、「よほど大きな変化がない限り、再計算はしない。なぜなら、あくまでも経済効果の需要(時期)がズレるだけだから」との答えが返ってきた。

 「上野動物園も人流を抑制するために入園制限を行っているが、双子パンダを見たいという需要が無くなるわけではない。あくまでも、パンダを見に行く時期が後ろ倒しになるだけであって、そこから得られる経済効果は大きく変わらないと考えている。多少変化があったとしても、10〜20%程度の変動でしょう」(宮本名誉教授)

 JTB総合研究所が20年5月に実施した「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化と旅行に関する意識調査」によると、「外出自粛や渡航制限が解除になったらやりたいこと」として1番多かったのは国内旅行だった。

 外出自粛要請は解除されたものの、感染拡大を防ぐために、旅行や外出を控えている人は現在も一定数いるだろう。そのため経済効果として現れるのに時間差はあるかもしれないが、上野動物園で双子パンダを見たいと人々が想う限り、経済効果自体は大きく変動しないと考えられる。

●双子パンダは「ネコ」をも超える

 これだけの経済効果をもたらすパンダだが、他の動物でも同等の効果を期待できるのだろうか。その1つの候補として挙げられるのが「ネコ」だ。

 有名なのが、07年に一大ブームとなったわかやま電鉄貴志川線の「たま駅長」だ。三毛ネコのたまが、初代ネコ駅長として就任したのをきっかけに、その愛くるしさから、日本国内に留まらず海外からもファンが訪れるほどになった。宮本名誉教授の試算では、たま駅長による和歌山県への経済効果は、約11億円に及んだ。

 近年では、コロナ禍におけるネコ関連の経済影響を「ネコノミクス」とする動きがある。宮本名誉教授は2月、ネコノミクスで約2兆円の経済効果があったと発表した。ただこの結果は、あくまでも日本全国で暮らすネコによってもたらされた効果であるため、まだまだパンダ1頭あたりには遠く及ばない。

 宮本名誉教授は、ここまで日本でパンダが人気になったのは「かわいい物好きという国民性が関係している」との自論を展開する。パンダもネコも、人々をひきつけるかわいらしさがあるから、人々は見に行くのだ――まさに「かわいいは正義」を物語っている。

 「経済はあくまでも人々が起こした結果」と宮本名誉教授は話す。かわいさでも経済効果でもパンダを超える動物は、そう簡単には現れなさそうだ。6月23日に1歳の誕生日を迎えるシャオシャオとレイレイからしたら、「日本経済回復の起爆剤」という役割は気が重いかもしれないが、そのかわいさで日本経済を引っ張ってほしいと願ってやまない。