本田技研工業は、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリードプラス)」を一部改良し、6月24日に発売する。新しい標準装備の採用や、ボディーカラーに新色を追加するとともに、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」を同時発売する。

 フリードは、5ナンバーサイズのコンパクトなボディーと、室内空間と豊富なシートアレンジを実現し、「ちょうどいい」クルマとして幅広い層から人気を集めている。

 今回の一部改良では、運転席・助手席シートヒーター、コンフォートビューパッケージ、ロールサンシェードなどを標準装備として追加。シート表皮には撥水撥油加工が施された「FABTECT」を採用した。ボディーカラーには、フリードとして新色となるプレミアムクリスタルブルー・メタリック、フィヨルドミスト・パール、トワイライトミストブラック・パールを追加した。

 特別仕様車「BLACK STYLE」は、エクステリア、インテリアともにブラックをアクセントにすることで、上質で洗練されたスタイルを提供。エクステリアには、クロスオーバースタイルのCROSSTARのフロントグリルを採用し、15インチアルミホイールやアウタードアハンドル、ドアミラーなどをブラックで統一した。

 インテリアもインストルメントパネル各部をブラック化するとともに、シートの色にもブラックを採用。より引き締まった印象に仕上げた。

 価格は、FREEDが227万5900円〜、FREED+が236万9400円〜。Modulo Xは、7月14日に発売する。