ダイハツは6月19日、軽自動車の2人乗りオープンカー「コペン」のデビュー20周年を記念した、1000台限定の特別仕様車を秋に発売すると発表しました。翌20日から予約を始めました。

 するとどうでしょう、あっという間に受注が1000台に達し、24日には受注終了となってしまいました。なんと発表から終了まで、たったの5日間。驚きの人気です。

 ちなみに、「コペン」は、2002年に初代が誕生し、14年にフルモデルチェンジで第2世代となりました。初代の販売台数は約5万8000台、2代目は約3万5000台。20年間の累計の販売数は、約9万3000台となります。20年間で割ると年間販売台数は4650台。これは、ダイハツとしては、正直、とても小さな数字です。

 ダイハツの主力モデルである同じ軽自動車の「ムーヴ」の22年5月の販売台数は6070台でした。つまり、「コペン」は一年かけても、「ムーヴ」のひと月分の販売台数にも届かないのです。

●「うちのフラッグシップ」

 しかし、そんな「コペン」のことをダイハツは「うちのフラッグシップ」と呼びます。

 20周年特別仕様車のメディア向け説明会に登場した営業担当者は「可愛くいて、可愛くてしかたない」と、何度も繰り返していました。「コペン」を誇りに思い、大切にしていることが伝わってきます。その姿を見て感じたのは「自動車メーカーにとって、スポーツカーが、いかに大切なものであるか」ということです。「コペン」を愛しく思うことは、そのまま自社製品への誇りとなり、ひるがえっては愛社精神にもつながることでしょう。対外的には、当然、「コペン」を通じて、ダイハツのファンを育て、増やす結果となります。

 いわゆる、目に見えない効果があるのです。

 そういう意味では、日産の「フェアレディZ」も販売の数字以上の重要度があるといえます。「フェアレディZ」は、1969年に初代が誕生し、日本だけでなく米国でも大ヒットモデルとなったスポーツカーです。しかし、90年代になって日産の業績が悪化。ルノーとの提携の下、リストラ屋であるカルロス・ゴーン氏を迎えることになりました。ゴーン氏は大胆なリストラを実施しましたが、スポーツカーである「フェアレディZ」だけは新型車開発を推進します。

 そうして2002年に登場した先々代の「フェアレディZ」は、新生日産の象徴のように見えました。また、そのゴーン氏を追放し、新しく日産の経営を担うようになった現経営陣も新型「フェアレディZ」を誕生させています。日産ファンを引き寄せ、社内の一体感を醸成するには、スポーツカーである「フェアレディZ」が大きく役立ったのでしょう。

●豊田社長就任からスポーツカー復活

 同じように近年のトヨタもスポーツカーに力を入れるメーカーのひとつといえます。現在のトップである豊田章男氏が就任したのは09年のこと。その時点では、トヨタのスポーツカーは、すっかり絶滅状態でした。

 そこから豊田氏の下、12年に「86(現・GR86)」、19年に「GRスープラ」を復活させ、20年には「GRヤリス」を追加。気が付けば3モデルものスポーツカーをそろえるようになっています。それに伴いトヨタのイメージも、ずいぶんと変わったよう感じます。「壊れない」「コスパがよい」だけでなく、筆者的には「新しいことにチャレンジするメーカー」と見えるようにもなりました。

 さらに、近年好調なマツダも、スポーツカーである「ロードスター」のイメージを上手に使っているメーカーといえるでしょう。マツダの「ロードスター」は、パワフルではないものの、「人馬一体」と呼ぶ、走りの楽しさで人気を集めています。その「人馬一体の走り」は、もともと「ロードスター」だけのキャッチフレーズでしたが、今ではマツダ車全体に使われるようになっています。なんとなく、マツダ車と聞けば、「ロードスター」のような軽快で気持ち良い走りをイメージさせるようになっているのです。これが、マツダのビジネスに好影響を与えていることは否定できません。

 他にスバルもスポーツカーを上手に利用しています。それが「WRX」。強力なターボ・エンジンに4WDを組み合わせたコンパクトなセダンです。この「WRX」は特に米国の若者世代に根強いファン層が存在していると、スバルの開発陣は説明します。そして、「WRX」を卒業したユーザーが、「レガシィ」や「フォレスター」といった他車種に乗り換える流れがあるというのです。つまり、米国市場では「WRX」がスバルの入口となっているのです。そのため電動化が進む現状であっても「スバルとしてWRXをやめることはない」と断言していました。

●売り上げは小さいが重要なスポーツカー

 クルマは、1886年のベンツの発明から100年以上をかけて、生活必需品として普及していきましたが、いまだブランド力が大きく残る製品です。ロールスロイスやメルセデス・ベンツといった高級ブランドは、憧れの存在であるし、国産ブランドもそれぞれの個性が認められており、各ブランドのファンも存在します。そうしたブランドの力にクルマの売り上げは、大きな影響を受けているのです。

 そんなブランド力を高める手段の一つがスポーツカーです。スポーツカー単体を見ると、その売り上げは小さなもの。でも、ブランドとして考えれば、その存在は、決して軽く見てよいものではありません。それを自動車メーカーは、よく理解しているのです。だからこそ各自動車メーカーはスポーツカーを発売しているのです。

(鈴木ケンイチ)