三井不動産は7月4日、「三井ショッピングパーク ららぽーと」と「三井アウトレットパーク」の両ブランド複合型の商業施設を大阪府門真市にオープンすると発表した。推進中の「(仮称)大阪府門真市松生町商業施設計画」の一環。施設名称は「三井ショッピングパーク ららぽーと門真」と「三井アウトレットパーク 大阪門真」(MOP大阪門真)で、2023年春の開業を予定している。

 主に1階・3階に配置するららぽーと門真は、ファッションや食といった日常的な買い物向けの約150店舗で構成。食べ歩きも楽しめる大阪らしい飲食空間、エントランス広場やセンターコートなどにはイベントスペースを整備する。

 主に2階に配置するMOP大阪門真は、インターナショナルブランドから国内ブランドまで約100店舗をそろえる。

 「ららぽーと」と「三井アウトレットパーク」の複合型商業施設にすることで、日常的な買い物からブランドショッピングまでワンストップで提供。建物中央に位置する吹き抜けには、センターコートやフードコートを設置する。

 また、日本初の本格的なファクトリーアウトレットとして1995年3月に開業した「MOP大阪鶴見」は、23年3月12日に閉館。MOP大阪門真としてリニューアルオープンする。