ロボアドバイザーサービス「WealthNavi」を提供するウェルスナビは7月5日、イオンカードのユーザー向けにクレカ積立を開始した。サービス名称は「WealthNavi for AEON CARD」。月間1万〜5万円の積立が可能で、0.5%相当のWAON POINTを付与する。

 オンライン証券各社では、クレジットカードを使った投信積立に各社が参入した。一方で、ロボアドやラップ口座など投資一任サービスでは今回が初となる。

 ウェルスナビは6月に預かり資産7000億円を突破。3月末時点での利用者は33.2万人にのぼる。利用者の9割が20〜50代と若く、ユーザー層がイオンカードと近い。イオンカードが持つ約3000万人の利用者を取り込む考えだ。

 既存のWealthNaviユーザーや他提携先サービスのユーザーはクレカ積立は利用できない。ただし「クレカ積立機能は、今後段階的に発展させていく予定」だとしている。