セブン&アイ・ホールディングスは、2023年2月期第1四半期(22年3〜5月)連結決算を発表した。売上高にあたる営業収益は2兆4473億円で、前年同期比57.3%増と大幅に伸長。営業利益は1023億円(前年同期比32.1%増)、純利益は650億円(同51.2%増)だった。国内コンビニエンスストア事業はほぼ横ばいだが、海外コンビニエンスストア事業が引き続き業績をけん引した。

 第1四半期の連結決算と為替の影響を受け、23年2月期連結業績予想を上方修正した。進む円安を受けて想定為替レートを114円から127円に変更。営業利益の押上効果は245億円にのぼる。売上高にあたる営業収益は前回予想から7600億円増の10兆4130億円(前期比19.0%増)と、小売業初の10兆円超えを見込む。営業利益は前回予想から150億円増の4450億円(同14.8%増)、純利益は70億円増の2470億円(同17.2%増)としている。

●競合イオンを突き放し、小売業の圧倒的トップへ

 22年2月期通期連結決算では、営業収益は8兆7497億円を記録。競合のイオンは営業収益8兆7159億円で、その差は338億円と大きく引き離せずにいたが、名実ともに小売業の圧倒的トップになる日は近そうだ。

 セブン&アイHDの好調要因の一つは、海外コンビニエンス事業だ。セブン&アイHDの23年2月期第1四半期連結決算では、海外コンビニエンス事業の営業収益は1兆7238億円。前年同期比2.5倍と驚異の伸びを記録した。営業利益は439億円(同3.6倍)だった。

 海外コンビニ事業の中核は、北米の7-Elevenだ。米国市場での労働力不足や物流障害による供給制約などの問題が顕在化した一方、収益性の高いフレッシュフードやオリジナル飲料など差別化商品の品ぞろえを強化。約4000店舗で展開しているデリバリーサービス「7NOW」の強化などが奏功したという。

 21年5月に買収したガソリンスタンド併設型コンビニ「Speedway」事業との統合も順調に進捗していて、「本連結会計年度では4億5000万米ドルのシナジーを見込む」としている。

 国内小売は不調が続くなかで、海外に商機を見出したセブン&アイHD。小売業初の売上高10兆円超達成なるか。