ニチレイフーズは、形が崩れた「焼おにぎり」などの規格外ごはんを再利用して開発した除菌ウエットティッシュを発売する。7月19日から生活雑貨店ロフトの22店舗で販売する。

 「『焼おにぎり』除菌ウエットティッシュ」(10枚入り187円)は、「焼おにぎり10個入」を生産するときにライン上からこぼれてしまうごはん、形が崩れた規格外のおにぎりを発酵、蒸留させて作ったエタノールを使用。チャ葉エキス、グレープフルーツ種子エキスを配合し、99%天然由来(残り1%は除菌成分)のウエットティッシュに仕上げた。フラップに再生PETラベル、不織布に植物由来の生分解性セルロースなど、環境配慮型の素材を採用した。

 ニチレイフーズは、こども食堂やフードバンクへの寄付のほか、工場の生産過程で出るごみを肥料や飼料にリサイクルするなど、フードロス削減に取り組んできた。今後は、食品由来のごみを使った付加価値型の商品開発も強化していく。