本田技研工業は7月14日、今秋発売予定の新型SUV「ZR-V」を特設サイトで先行公開した。ZR-Vは、同社が展開するCR-V、VEZELの中間サイズに位置。北米・中国で発表したHondaの新型SUVをベースに、「異彩解放」をグランドコンセプトに開発したという。

 ハイブリッドモデルでは、CIVIC e:HEVで新開発した2.0L直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVT「スポーツe:HEV」をSUVに初搭載。1.5Lターボエンジン+CVTのガソリンモデルも展開し、両モデルともにリアルタイムAWDを設定した。

 デザインは、「グラマラス&エレガント」をキーワードに設計。エクステリアはフロントからリアにかけて、滑らかな面が特徴的なプロポーションにした。インテリアは左右に広がるインストルメントパネルを採用し、ハイデッキセンターコンソールで運転席と助手席を分けた。

 発売に先駆け先行予約の受付を9月に開始する他、8月13から大阪・東京・愛知で先行展示会を開催するとしている。