米メタ(旧フェイスブック)は7月27〜28日にかけて、報道や一部関係者を対象にメタバースの構築促進に向けたイベント「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」を開催すると発表した。2021年10月に設立を発表した「XRプログラム・研究基金」(XR Programs and Research Fund)の取り組みの一環で、日本国内の約30の企業や団体、官公庁が出展する。

 イベントでは、企業・団体・官公庁からパネリストを招き、メタの幹部や、Facebook Japan 公共政策本部部長を交え、メタバース構築に向けたルール形成や教育、福祉分野への活用、普及に向けた環境整備の在り方について、パネルディスカッションを実施する。

 メタ社の展示ブースでは、VRヘッドセット「Meta Quest 2」でのバーチャル会議室「Meta Horizon Workrooms」の体験や、Instagramの「ARエフェクト」を活用し、メタバース空間のミニチュアモデルも展示する。

 一般向けには、「CEATEC 2022」(10月18〜22日)内での公開を予定している。