クリエイター支援事業・コンテンツ制作事業を展開するBitStar(東京都渋谷区)は、独自の分析ツール「IPR(インフルエンサーパワーランキング)」のデータに基づき、2022年上半期(1〜6月)に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルの順位を発表した。その結果、「チャンネル総再生数ランキング」の1位は「ISSEI / いっせい」、2位は「M2DK. マツダ家の日常」、3位は「Sagawa / さがわ」となった。

●チャンネル総再生数ランキング

 まずチャンネル総再生数ランキング(1〜6月にYouTubeに投稿された動画で、同期間に多く再生されたチャンネルのランキング)を見ると、第1位はショート動画(短尺動画)を中心に、ジャンルにとらわれない動画を発信している「ISSEI / いっせい」(32億6392万回)だった。「ISSEI / いっせい」の登録者数は450万人超、22年上半期の投稿本数は561本。TikTokのフォロワー数も1000万人を突破している。

 第2位はMr.都市伝説として知られる関暁夫をパロディしてブレイクし、海外の面白いコンテンツやアニメの一部を自身で再現する動画で人気を集める「M2DK. マツダ家の日常」だった。第3位はエフェクトを多用した動画編集や、海外キャラクターを模倣した動画が人気を博している「Sagawa / さがわ」だった。

●動画再生数ランキング

 上半期の動画1本あたりの動画再生数ランキング(ショート動画「YouTube Shorts」を除く)の第1位は、映画『呪術廻戦』のエンディング曲に起用された「King Gnu - 逆夢」のミュージックビデオだった(5222万回再生)。

 第2位は独特なダンスでSNSを中心に流行した「SEKAI NO OWARI『Habit』」、第3位には「UNIQLO」のエアリズムのCM「22SS LifeとWear / 365日エアリズム編(UNIQLO ユニクロ)」がランクインした。

●新規開設チャンネルランキング

 上半期の新規開設チャンネルを対象とした登録者数ランキング第1位はVTuberの「壱百満天原サロメ」(143万人)だった。同チャンネルはゲーム実況をメインとしながら、時に「棚を組み立てる」などの企画を交えてファンの心を掴んでいる。なおチャンネル開設は5月18日だが、約2カ月で登録者数が148万人を超えている(7月14日時点)。

 第2位は芸能人や著名人の暴露話の投稿で話題となった「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」、第3位は1月27日にチャンネルを開設したホロライブ所属の「Kobo Kanaeru Ch. hololive-ID」だった。

●タイアップ動画ランキング

 上半期に投稿されたタイアップ動画の再生数ランキング第1位は「スーパードライ(アサヒビール)」(2618万回)が獲得。同チャンネルは「HIKAKIN TV」や「Seikin TV」「フィッシャーズ」などの大物YouTuberを起用し、息の長いコンテンツを豊富に取りそろえていた。

 第2位はファッション通販サイト「SHEIN(ZOETOP)」、第3位は食事宅配サービスの「nosh(ナッシュ)」がランクインした。

●ショート動画ランキング

 ショート動画「YouTube Shorts」の上半期再生数ランキングの第1位は「ISSEI / いっせい」(1億9428万回)、第2位は「ウエスP -Mr Uekusa- Wes-P」(1億4094万回)、第3位は「ISSEI / いっせい」(1億3857万回)という結果になった。

 なおTOP10のうち、「ISSEI / いっせい」が7つランクインしていた。ランクインした動画は全て1億再生を突破しており、海外ファンを中心に大きく伸びていた。