アシックスが、アフターパフォーマンスサンダル「ACTIBREEZE 3D SANDAL」(9900円)を開発した。7月20日から数量限定で販売を開始したところ、即日で完売した。アシックススポーツ工学研究所の知的技術と、3Dプリンタを使った新たな製造方法を組み合わせた商品で、トレーニング後のリラックス効果などが期待できるという。

 立体的かつ厚みのある格子構造を重ね合わせ、部位に応じて硬さを変えるなど足の負担軽減をはかる機能性を追求。靴底の横幅を広くすることで安定性も兼ね備えるなど、競技やトレーニング後のアスリートの快適な履き心地や歩きやすさにこだわった。

 また通気性にも優れており、複数のサンダルやシューズにおける温湿度の比較試験では、足裏の湿度と温度を低く保てるという結果が出たという。

 同社は、快適な履き心地のサンダルを提供することで、スポーツ後の疲れた体を休める「アフターパフォーマンス」の時間をより一層効果的にし、レース本番でのアスリートの優れたパフォーマンス発揮をサポートしていくとコメントしている。アシックスの広報担当者によると、追加販売など今後の展開は未定だという。