国土交通省は7月21日、スズキから「ハスラー」など3車種計6万3108台のリコールに関する届け出があったと発表した。無段変速機(CVT)の制御プログラムに不具合があり、最悪の場合、走行不能になるおそれがあるという。市場からの情報で発覚し、すでに4件の不具合が発生している。

 不具合があったのは、無段変速機(CVT)。CTVコントローラの制御プログラムが不適切なため、高負荷のキックダウン時などに、変速機構であるスチールベルトが滑り摩耗紛が発生する場合がある。そのままの状態で使用を続けると、油圧調整弁の摺動不良から油圧不良となり、最悪の場合、走行不能になるおそれがあるという。

 リコール対象は2019年12月26日〜22年6月16日に製造したスズキの「ハスラー」「ワゴンR」と、マツダの「フレア クロスオーバー」。最もリコール台数が多いのは、「ハスラー」(19年12月26日〜22年6月16日製造)の5万5934台だった。

 スズキは、使用者にダイレクトメールや電話などで連絡するとともに、自社の公式Webサイトやダイレクトメッセージでユーザーに通知。全車両のCVTを点検し、ベルト滑りがあると判断した場合はCVTを交換するかCVTコントローラを対策プログラムに書き換える。また、CVTを交換しなかった場合において、後日ベルト滑りがあると判断した場合は、CVTを無償交換するとしている。