「ホットペッパーグルメ外食総研」を運営するリクルートは、最近の物価上昇に伴い「外食と高級食材」についてアンケート調査を行った。お得に食べられるフェアやイベントがあれば外食しに行きたくなる高級食材は何か聞いたところ、1位は「ブランド牛肉(松坂牛、神戸牛など)」で49.7%と半数近くが選んだ。

 次いで2位は「うなぎ」で33.8%、3位は「カニ(ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニなど)」で30.8%、4位は「牛タン」で29.1%、5位は「トロ」で26.8%だった。

 性年代別では、20代女性は肉・海鮮・果物など多くの食材で選択率が高く、フェアやイベントのニーズにつながっている傾向が伺えた。一方、「うなぎ」は、男女とも20代のニーズは高くないが、60代男性では43.7%と高く、高年齢層にはニーズが顕著に高い結果が得られた。

 圏域別では、関西圏で「ブランド牛肉」が56.7%、東海圏で「うなぎ」が38.6%、首都圏で「うに」が21.4%と、他の圏域より相対的に高かった。

●値上げにより、諦めた高級食材は?

 次に、食材の値上がりを受け「外食の際に注文をためらったり、諦めたりした高級食材」は何か聞いた。「もともと高級食材はあまり食べない」「特になし」の回答も多いが、個別品目で1位だったのは「ブランド牛肉」で17.5%、2位は「うなぎ」で14.0%、3位は「うに」で8.8%だった。

 トップ2は「お得に食べられるフェアやイベントがあれば外食しに行きたくなる高級食材」と同じ。普段は注文をためらうものの、お得に食べられる機会があれば外食自体の意欲にもつながる食材であることが分かった。

 性年代別・圏域別でも顕著な差はなかったが、「ブランド牛肉」は関西圏での選択率が20.3%、「うなぎ」は東海圏で18.2%、「うに」は9.4%と他圏域よりやや多かった。「お得に食べられるフェアやイベントがあれば外食しに行きたくなる高級食材」と同様の結果が得られた。

●節約のため、外食時にどんな我慢をしている?

 節約のため、外食の注文時にどのような我慢をしているかについては「単価の高いものを我慢することが多い」と答えた人が41.9%、「単価に限らず我慢」は14.2%、「単価より量を抑えて我慢」は9.5%と、我慢することが多い人は合わせて65.6%にも上った。一方で、「外食時には我慢はしない」と答えた人は34.4%と、3人に1人は特に我慢をせずに外食していることが分かった。

 性年代別で「我慢することが多い」割合が最も高かったのは40代女性で74.7%、逆に低かったのは60代男性で50.8%であった。

 帝国データバンクの調査では、急激な円安を理由に再値上げ、再再値上げといった動きも広まっていて、「秋以降さらに値上げが増加し、年間では2万品目を超える可能性が高い」としている。22年5月ごろまでは小麦などの原材料価格の高騰が値上げの理由だったが、夏以降は、原油高に伴う包装資材や容器、物流費の高騰、急激な円安などを理由に挙げるケースが多いという。こうした価格高騰の影響による、家計への影響は少なくない。外食時の節約志向は今後も高まる可能性がある。

 調査は、首都圏、関西圏、東海圏に住む20〜69歳の男女を対象に、インターネットで行った。期間は事前調査が4月19〜28日、本調査が6月1〜13日。有効回答数は事前調査4万4211人、本調査6239人(首都圏3296人、関西圏1574人、東海圏1369人)。