KINTOは、7月27日から中古車のサブスクリプションサービスを開始する。新車のサブスクで使用したクルマを活用することで、新車より安く月額利用料を設定し、新たな需要を取り込む。同サービスは東京から開始し、順次対象エリアを拡大していく。

 KINTOは、新車のサブスクを2019年3月から開始。サービス開始から3年が経過し、使用済みのクルマが順次返却される中で、中古車を有効活用するために今回の新サービスが生まれたという。

 サブスクで提供する中古車は、トヨタ正規販売店でメンテナンスしたクルマの中から、状態の良いものを厳選してラインアップ。中古車でありながら、高品質な一台を提供する。

 新車のサブスクと同様、月額利用料の中に自動車保険や税金、メンテナンス代などの諸経費を含める。その上で、提供する中古車の年式や車型を踏まえて、新車より安い料金設定で提供する。

 また契約期間は2年だが、月額の約6カ月分に相当する申込金を契約時に入金することで、中途解約の解約金を不要にする。