京セラコミュニケーションシステム(京都市)は、無人自動走行ロボットを活用した移動販売の実証実験を、千葉市美浜区の幕張新都心地区で7月27日から実施している。同社によると、公道(車道)を走行する実証実験は国内初という。実験を通して、無人自動走行ロボットの多様な用途での活用可能性調査と技術検証を進める。

 同社は、2021年8〜9月に北海道石狩市、22年3月に千葉市美浜区の幕張新都心地区で無人自動走行ロボットを活用した「配送サービス」の実証実験を行ってきた。今回は、走行実績のある千葉市の同エリアでロボットによる「移動販売サービス」の実証実験を進めている。

 冷蔵機能を備えた無人自動走行ロボットを用い、イオンスタイル幕張ベイパークから提供を受けた冷たいドリンクやゼリーなどを、公園やマンション、高齢者向け住宅などで販売する。利用者は、車体に搭載されたタッチパネルで商品と個数を選択し、電子マネーで決済するとロッカー内から商品を取り出せるようになる。

 実験で使用している無人自動走行ロボットは、ミニカー(長さ2.5メートル以下×幅1.3メートル以下×高さ2.0メートル以下)に準じた大きさで、最高速度が時速15キロ。無人で自動走行するが、走行状況を常時遠隔監視し、自動回避が困難な状況では遠隔操作に切り替えて走行する。

 走行予定エリアは、千葉市美浜区若葉3丁目の一部区画。無人自動走行ロボットによる公道(車道)実証については、関東運輸局から保安基準緩和認定を受け、千葉県警から道路使用許可を取得。千葉市の協力を得て実施しているという。

 実験は8月10日までの予定で、土日を含め週5日運行する予定。