冷蔵ショーケースや自動販売機の製造を手掛けるサンデン・リテールシステム(RS、東京都墨田区)は8月1日、卓上自動販売機「卓っくん」を発売する。軽量かつコンパクトな設計で、さまざまな場所に設置可能な自動販売機として展開し、オフィスやイベントなどでの需要を見込む。

 同製品は、非冷(常温)で屋内専用の卓上自動販売機となる。キャッシュレス対応で、非対面、非接触での購入を可能とした。また、取り出し口も大きくしたことで、コンパクトながら多彩な商品の販売に対応。最大90個の商品が販売可能で、幅9〜22センチ、高さ最大135ミリ、奥行き40ミリの商品に対応している。

 今後はホテルや病院、オフィスをはじめ、コンビニエンスストア、鉄道やバス、アミューズメント施設など小スペースでの展開や、持ち運べる特徴を生かし、イベントなどでの活用を見込んでいる。