セリアは7月29日、2023年3月期第1四半期の決算(非連結)を発表した。売上高は525億円(前年同期比1%増)、経常利益は43.9億円(同16.8%減)だった。期初に会社から公表された第2四半期(累計)までの経常利益計画は86億円(同19.1%減)で、計画に対する進捗率が51%となった。

 今年は100円ショップ業界への強い向かい風が吹いている。巣ごもり反動、人手不足、円安、原材料高といった環境だ。業界の寡占化が進む100円ショップは、業界トップの「ダイソー」(大創産業、非上場、広島本社)を筆頭に、2番手の「Seria」(セリア、上場、岐阜本社)、「Can Do」(キャンドゥ、上場、元々は埼玉、その後イオン子会社に)、「ワッツ」「meets.」「シルク」(ワッツ、上場、大阪本社)と続く。

 運営会社やショップ内で100均を貫くセリアは、脱100均の動きをする他社とは一線を画す。商品の製造・発売元であるサプライヤーからは値上げ要請もある。自社の専用工場を持たないセリアは「おしゃれ」「オリジナリティ」で商品開発を進める。国内のみ、売り上げのほとんどが直営店という「Seria」は100均を貫けるか、セリアにとって勝負の1年だ。