日本航空(JAL)とANAホールディングス(ANA)は8月1日、2023年3月期第1四半期の連結決算を発表した。ともに前年同期比で赤字幅が縮小し、営業利益はJALが275億円の赤字、ANAが13億円の赤字まで改善した。売上高はJALが2688億円(前年同期比2倍)、ANAが3504億円(同76%増)であった。

 時計をコロナ前の20年3月期第1四半期まで戻してみよう。売上高はJALが3488億円、ANAが5005億円であった。営業利益はJALが199億円、ANAが161億円とそれぞれ黒字で、純利益もJALが129億円、ANAが114億円の黒字だった。

 ビジネスはもちろん、観光を主としたインバウンド効果も加わった決算であった。その後、コロナ禍の21年3月期、22年3月期と共に赤字転落を経て、今期は3期ぶりの最終黒字に向けテイクオフとしたいところだ。しかし燃料費コストの増大に加えて、稼ぎ時の夏場に襲った感染症7波、為替の大幅な変動という乱気流がある。

 23年3月期通期の数値は、JALとANAともに期初計画から変更していない。営業利益でJALが800億円、ANAが500億円を、最終損益はJALが450億円、ANAが210億円の黒字を見込む。