教員の“働き方改革”の一環として夏休みの宿題を無くす学校も増えているが、小学生の親は宿題についてどう考えているのだろうか。C.Dreams(大阪市)が運営する子どもの教育メディア「ちいく村」が調査したところ200人中116人が「あった方がいい」(83%)と回答。いらないと思う課題は「自由研究」(57人)だった。

 夏休みの宿題が「あった方がいい」とした理由は、「主体的にやらせるのが難しい」「宿題があった方が勉強が進む」「家で勉強するきっかけがほしい」といった声があった。一方、「なくてよい」(17%)と答えた人からは、「宿題を見るのが面倒」「不要なことまでさせられる」といったコメントがあった。

 夏休みの宿題で最も不要なものは何か尋ねると、1位は「自由研究」(57人)だった。次いで「絵日記」(56人)、「読書感想文・作文」(41人)と続いた。

 自由研究がいらない理由は「一緒にやるのが大変」「わざわざ宿題にしてほしくない」という意見があがった。

 また、宿題として自由研究が出ない場合、半数以上が「やらない」(58%)と回答した。夏休みの自由研究は親にとって負担になっていることが見てとれる。

 夏休みの宿題に対する子どものやる気を尋ねたところ、95人が「やる気がある」と答えたのに対し、「やる気がない」は39人となった。

 学年別に見ると、小学1〜4年の低〜中学年では、「やる気がある」の割合が高く、小5、6年になると、「どちらともいえない」「やる気がない」と答えた人の割合が増える結果に。高学年になるほど、夏休みの宿題へのモチベーションが下がっていくことが分かった。

 夏休みの宿題がいつ頃終わるかとの問いには、72人が「夏休み後半」と回答した。「夏休みが終わるギリギリ」(36人)とあわせると、半数以上が夏休み後半まで宿題の処理に時間がかかっていることが見てとれる。

 今回の調査は8月に、小学生の親200人を対象にインターネットで実施した。