IDEATECH(東京都港区)が運営するリサーチPR「リサピー®」は、「23卒就活生の天心vs.武尊戦に関する意識調査」を実施した。その結果、約6割の人が「天心vs.武尊戦」の観戦後、ポジティブな変化があったと回答した。

●格闘技観戦としては何度目だったか

 まず「那須川天心vs.武尊戦の観戦は格闘技観戦としては何度目だったか」と質問したところ、「初めての本格的な格闘技観戦だった」(47.2%)と回答した人が最も多かった。以降「2〜3回目」(27.0%)、「4回以上」(15.7%)と続いた。

 次いで「観戦した理由」を尋ねると、「話題になっていたから」(47.2%)、「格闘技を観戦することが好きだから」(38.2%)、「格闘技に興味があるから」(33.7%)という結果になった。

 「観戦後、自身の就職活動に対する気持ちにポジティブな変化はあったか」と質問すると、約6割の人が「あった」(非常に変化があった22.5%、やや変化があった42.7%の計)と回答した。

 「ポジティブな変化があった」と回答した人に、「自身の就職活動に対してどのような気持ちの変化があったか」を聞くと、「自信が持てるようになった」(51.7%)、「妥協したくないと強く感じられるようになった」(37.9%)、「自分の可能性を狭めたくないと強く感じられるようになった」(36.2%)と回答した人が多かった。

 「ポジティブな変化があった」と回答した人に対し、「自身の就職活動において、行動にポジティブな変化はあったか」と質問したところ、「非常に変化があった」(29.4%)、「やや変化があった」(53.4%)、「あまり変化がなかった」(13.8%)という結果になった。

●行動にどんな変化があったか

 「ポジティブな変化があった」と回答した人に、「自身の就職活動において、行動にどのような変化があったか」と質問すると、「よりレベルの高い企業にエントリーした」(35.4%)、「視野になかった業界も調べるようになった」(31.2%)、「エントリーする企業数が増えた」(25.0%)となった。

 最後に「今後も継続的に格闘技を観戦したいと感じるか」と聞くと、「非常にそう感じる」(39.4%)、「ややそう感じる」(50.6%)という結果になった。

 当調査は7月22〜26日の間、インターネット調査で実施。対象者は「Yogibo presents THE MATCH 2022」での那須川天心vs.武尊戦を現地もしくはPPV(ペイパービュー。有料コンテンツに料金を支払って視聴するシステム)で観戦した23卒就活生、有効回答数は89人。