「頭を上げて、上げて、いいですねえ。次は旋回しましょうか」――。ホテルの一角で、このようなやりとりが飛び交うところがある。東京ディズニーリゾートの近くにある「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」(以下、シェラトン)だ。

 8月1日、飛行機のコックピットで操縦ができるフライトシミュレーターを導入したところ、うまく“離陸”できたようである(30分1万5000円〜)。予約の申し込みが順調に推移していて、飛行機が好きな人だけでなく、カップルで利用していたり、子どもが自由研究で使っていたり、幅広い層が世界中を飛び回っているようだ。

 ホテルの一室にフライトシミュレーターを導入しているところはほかにもあるが、なぜシェラトンの施設に注目が集まっているのだろうか。最大の特徴は、フライトシミュレーターと客室のモックアップ(原寸大模型)を組み合わせていること。同社によると、こうした試みはホテル業界で初めてということで、「どんなところなのかな」「ちょっと操縦してみようか」といった人がじわじわ増えているようだ。

 フライトシミュレーターの種類は、多くの航空会社が採用しているボーイング製の旅客機「737型機」を導入。コックピットの中に入ると、操縦席が並んでいて、本物のスイッチ、計器、操縦桿(そうじゅうかん)、モニターなどが搭載されている。また、ソフトウェアもボーイング社と同じモノを使用していて、細部にわたって“ガチ”を演出しているのだ。

 パッと見ただけで本格的な雰囲気がプンプン漂っているわけだが、どの空港から飛び立つことができるのだろうか。施設を運営する「SKY ART JAPAN」(以下、スカイ社、東京都品川区)の担当者に聞いたところ、「世界中にある4500ほどの空港を利用することができ、飛行ルートと飛行時間を選べます」とのこと。空港が4500カ所もあることに、ちょっと驚いてしまったが、実際はもっと多いようで。ボーイング737型が離着陸できる空港のみ利用できるそうだ。

 人気の空港を尋ねたところ、マンハッタンの上空を飛ぶことができるニューヨークの「JFK国際空港」や、かつて世界一着陸が難しいといわれていた香港の「啓徳空港」(1998年閉鎖)のほかに、自分が生まれ育ったところの近くにある空港を選ぶ人が多いようだ。

●施設の目玉は2つ

 「よければ、ドイさんも操縦しませんか?」――。ホテルの担当者にお声がけいただいたので、体験してみることに。機長が座る左側の席に腰をおろして、羽田空港から飛び立った。椅子の感触は、正直に言って「狭いし、座り心地が悪い」。なにもディスっているわけではなく、筆者は別のところでもフライトシミュレーターを体験したことがあるが、そこの椅子もカタサといい角度といい、お世辞にも「座りやすい」モノではなかったのだ。

 横に座っているインストラクターに、椅子の謎を尋ねたところ「操縦時、パイロットは寝てはいけませんからね。心地よい椅子はダメなんですよ」とのこと。半分ホント・半分ジョークとして受け止め、目的地のスカイツリーを目指すことに。

 距離にして数十キロなので、数分で到着する。スカイツリーの高さとほぼ同じ目線で、周囲をグルグル回ってみた。ツリーの高さは634メートルなので、実際その高度で飛ぶことはできない。もちろん、周囲を旋回するなんて、もってのほかである。しかし、誰かに怒られることはない。パイロットと同じように操縦するのもよし、自分の思いのままに飛ぶのもよし、なんでもござれの世界である。

 この施設の目玉は、もう1つある。約13メートルの長さをもつ客室モックアップだ。マクドネル・ダクラス社で製造された旅客機「MD-90」の客室を採用している。初飛行は1993年で、退役したのは2020年である。日本の航空会社も使っていたので、現物をみると「懐かしいなあ。出張でよく使っていたよ」と感じる人もいるかもしれない。

 モックアップといっても、窓枠のパネルや手荷物の預け棚も実際に使われいたモノが並んでいる。また、トイレやギャレー(簡易キッチン)も設置しているので、いたるところで“ガチ”の香りが漂っているのだ。

 しかし、航空ファンであれば、一歩足を踏み入れただけで「あれ、なにかが違うぞ」と感じるはず。座席やカーペットは、日本の旧政府専用機と同じタイプのモノを使っているからだ。コックピットは「ボーイング737」、機体は「MD-90」、内装は「旧政府専用機」を採用しているので、実際にはあり得ない姿となっているのだ。

 それにしても、なぜシェラトンはこのようなサービスを始めたのだろうか。担当者の内藤大樹さんに聞いたところ「新型コロナの感染拡大によって、多くの人が海外に行けなくなりました。いまも自由に行くことが難しいですが、本格的なフライトシミュレーターを導入することで、思い出の地や憧れの国に行った気分になっていただければと思って、導入しました」という。

●大変だったことは「3つ」

 フライトシミュレーター+モックアップを目にすると、「でかっ!」という印象を受ける。ホテルの一角にこのような施設を設置するには、素人が想像もできない苦労があったのではないだろうか。スカイ社のアルパ・アブドラさんに尋ねたところ、大変なことが3つあったという。

 1つめは、飛行機の部品を持ってくること。米国で機体をバラして、日本に輸出したわけだが、簡単な話ではない。税関の担当者から「この部品はどういった素材でできているのか?」「これは燃えるモノなのか?」といった具合に、さまざまな指摘が入るたびに、すべてきちんと答えていた。しかし、中にはよく分からないこともあって、そのたびに航空会社に問い合わせることに。そうしたやりとりに、想定以上の時間がかかったようだ。

 2つめは、スプリンクラーを設置したこと。本物の機体にはスプリンクラーは付いていないが、ホテルに設置するとなれば話は別である。消防法の関係で必ず設置しなければいけないわけだが、機体の天井はスプリンクラーを付けるような設計になっていない。どのように付ければいいのか、天井に設置して問題はないのか。こうしたことに気を配りながら、作業を進めたという。

 3つめは、旧政府専用機の部品を調達したこと。スペアパーツとしてストックしていた座席やカーペットを設置しているが、簡単に手にできるモノではない。そもそも、いつ販売されるのか、よく分からないモノばかりである。

 「ものすごくレアなモノになるので、業界関係者であれば『絶対にほしい』と思うはず。運良く手に入れることができましたので、モックアップに設置することにしました」(アブドラさん)。ちなみに、座席は販売を予定していて、グズグズしていると、現場に足を運んだときには“違う椅子”が並んでいるかもしれない。

●歴代の総理大臣が利用

 旧政府専用機の機体はボーイング747-400型で、2019年春に引退している。平成の天皇皇后両陛下が利用されたり、歴代の総理大臣が使用したり。機内で記者会見が開かれたこともあるので、座席やカーペットを目にしたことがある人もいるかもしれない。

 日本の未来を左右するような事案を、機内で決めたことがあったのだろうか。そのようなことを想像すると、会社の命運を左右するような重要なことも、ゆったりと座ることができる座席で決めるのもアリのような(シェラトンによると、会議室や研修場として貸し出すことも検討しているそうで)。

 ひょっとしたらひょっとして、飛行機が離陸するときのように、会社の業績もぐんぐん伸びていくのかもしれない(伸びていかないかもしれない)。

(土肥義則)