ユニクロは8月15日、錦織圭選手が8月以降の大会で着用するゲームウェアのレプリカを一部店舗およびオンラインストアで発売する。同社のグローバルブランドアンバサダーを務める錦織選手とユニクロのデザインチームが協議を重ね作りあげた最新ウェアで、パフォーマンスをサポートする機能性と、錦織選手らしい色使い・デザインを融合した。

 「錦織 圭選手モデル」は、鮮やかなブルーを基調に、ホワイトの襟と胸元のボーダーをアクセントにしたポロシャツで、超速乾素材「ドライEX」を採用した。全体にパターンの異なる2種類のマッピングメッシュを施し、プレー中も高い通気性を保てる仕様とした。メッシュパターンにより浮かび上がるボーダー柄もポイントとなっている。

 同社は、サステナビリティへの取り組みのひとつとして、東レとの協業による再生ポリエステル素材「ドライEX」の開発を進めている。従来困難だった回収ペットボトルから混入異物を除去するフィルタリング技術を活用し、吸汗速乾性の高さと着心地の良さを実現させた。

 錦織選手は「胸元のボーダー柄がとても気に入っています。機能的な素材やメッシュのデザインが工夫されたユニクロのウェアのおかげでストレスを感じず、常にプレーに集中できます。今後出場するどの大会でも、最高のパフォーマンスを皆さんにお見せできるよう、全力を尽くして頑張ります」とコメントしている。

 製品の色柄は2パターンでサイズ展開はXS〜XXL。価格は2990円。