ビーフンメーカー「ケンミン食品」(神戸市)が展開する冷凍ビーフン自販機の売り上げか好調だ。2021年9月、本社前に1台目を設置し、愛知県、福岡県、静岡県にも拡大。全5台まで増えた。22年6月末時点における累計の売り上げは1500万円を突破しているが、これは目標の1.5倍だという。

 冷凍自販機を運用してどのようなことが分かってきたのか。同社の広報担当者に話を聞いた。

 冷凍自販機で販売している主な商品は、冷凍のビーフンやはるさめだ。本社前ではビーフンカテゴリーの売り上げ1位を誇る「焼ビーフン(2食入り)」や同2位の「エビ玉ビーフン(2食入り)」を500円で販売している。レンジで加熱するだけで食べられるのが特徴だ。

 これらは、一般のスーパーなどでは取り扱っていない。主に、生協が個人宅に向けて配達している。焼ビーフンやエビ玉ビーフンは長年支持されているもので、商品力に自信はあったことから自販機で提供することにした。

 冷凍自販機を設置するきっかけは、新型コロナウイルスの感染拡大だった。ケンミン食品の本社1階には、こだわりの焼ビーフンなどを提供する中国料理店「健民ダイニング」がある。ビーフンとの接点を増やすアンテナショップ的な役割を担っていたが、コロナ禍で客数が激減。一時期は、1カ月の売り上げが通常の2割まで落ち込んだこともあったという。

 コロナ禍という先行きが見通せない状況で、同社の社長は「何か新しいチャレンジはできないか」と考えた。当時、非対面・非接触で購入できる手段としてギョーザの無人販売店や、冷凍食品の自販機が増えていたことに注目。地域住民との接点拡大やビーフンの認知度向上を目的として、自販機にチャレンジすることにしたという。初年度の売り上げ目標は、冷凍自販機1台で1日50食、月間1500食(売り上げ75万円)とした。

●自販機を利用する人に聞いてみた

 広報担当者によると、ケンミン食品の本社は国道2号線に面しており、人や車の行き来は多いが、付近に飲食店や小売店はあまりないという。また、街の中心部からは外れているので、「自販機を置いても苦戦するのでは?」と考える社員もいたという。

 しかし、実際に販売してみると、1日で最大200個も売れる日があった。

 なぜ、ここまで売れたのか。同社の社長や社員は、商品を補充しながら利用者に声をかけて聞いてみた。

 ある人は「近所の会社で働いており、昼食用に買った。1個当たり250円だからリーズナブルだと思う」答えたという。コンビニで昼食を購入したり、お店でランチをするよりは安く感じていた。

 また、夕方に買いに来た親子は「晩ご飯のおかずにする。メインは他にあるが、ちょっと1品付け足すのにちょうどいい」と説明した。ケンミン食品の本社の周辺にはマンションが多い。コンビニやスーパーで買い物をしようとしたら少し歩く必要があるので、身近な自販機を利用していた。

 自販機の商品は約7割が夕方以降に売れるという。また、平日よりは土日に利用される傾向がある。同社は、おそらく夕食用に購入している人が多いのではないかと分析している。

 また、健民ダイニングで食事をした後に、自販機を利用するケースもある。ビーフンを使った料理に満足した人が、「もう一度食べたい」「お店でもおいしかったのだから、冷凍食品を購入してもがっかりすることはないだろう」と購入するケースが考えられる。

●2台目は兵庫県の山奥

 2台目の自販機は、兵庫県丹波篠山市にあるケンミン食品篠山工場の前に設置し、21年11月から販売を開始した。1台目と同様の冷凍ビーフンに加え、地元の特産品である丹波黒の冷凍枝豆を数量限定で用意した。

 2台目の場所を工場前にした理由について、担当者は「工場で何を生産しているのか知らない住民の方もいると思う。自販機を通して、商品の認知度を向上させたいという狙いがあった」と説明する。工場で生産している冷凍食品をそのまま自販機で販売するので、輸送コストがかからない。そこで、地域貢献の意味も込めて商品を20%オフで販売することにした。

 丹波篠山市は兵庫県の中東部に位置しており、山々に囲まれた盆地の中、小さな町や村が点在している。日本古来の美しい里山の風景がそのまま残る自然豊かな地域だという(出所:丹波篠山市公式観光サイト)。

 自販機を設置した当初は、バイクでツーリングに来た人が購入するシーンがよく見られた。平日よりは土日のほうがよく売れるため、観光のついで購入するシーンが多いのではないかと同社は分析している。また、寒さが厳しくなる12〜2月の売り上げは落ち込んだ。

 2台目の売り上げは初月対目標で130%と上々の滑り出しだった。販売目標は1日100食(50セット)を掲げており、「年間ベースでは目標をクリアしそうだ」(担当者)という。

●3台目は駅の中

 3台目の自販機は、名古屋鉄道名古屋本線の東岡崎駅(愛知県岡崎市)に設置した。ケンミン食品の自販機の売り上げが好調だというニュースが、名古屋鉄道の駅施設で物販店や自販機を展開する名鉄産業(名古屋市)の目にとまったのがきっかけだ。販売開始日は22年3月。

 ケンミン食品にとっても、東海エリアはビーフンの認知率・食経験率が相対的に低いことから、顧客との接点拡大が狙えると判断した。主な販売商品は冷凍ビーフンや冷凍はるさめで、販売価格は600円だ。この自販機では、名鉄が商品を仕入れて自分で補充して提供している。

 当初想定していたより売れていないのが4台目の自販機だ。22年5月から福岡市にあるケンミン食品九州支店の前に設置して、販売を開始した。九州支店は博多駅から徒歩15分程度の住宅エリアにあるという。

 九州エリアは、人口当たりのビーフンの消費量が多い。同社商品の出荷金額に対する人口比で見ると、全国平均が100なのに対して九州は164となっている(21年実績)。ビーフンに慣れ親しんでいる地域なのに、4台目の自販機の売り上げは、1台目ほどの勢いはないという。

 同社の広報担当者は「九州エリアのスーパーではビーフンがたくさん並んでいる。あくまで仮説だが、珍しい存在ではないので、自販機でわざわざ購入しないのかもしれない」と説明する。

●5台目は善戦

 5台目を設置したのは、冷凍ビーフンを生産する「フジケンミンフーズ」(静岡県藤枝市)の工場前だ。主な販売商品は、他と同様に冷凍ビーフンやはるさめだ。工場直売自販機ならではのラインアップとして、品質上は問題ないが包装に不具合のある商品などを「わけあり品」として割引価格で販売している。

 他の自販機では、約180グラムの焼ビーフンを2個パックで500円としているが、業務用のわけあり焼ビーフン(500グラム)を300円で提供している。また、工場直売価格として焼ビーフンなどは20%オフで販売している。

 5台目の自販機は「思ったより好調」(広報担当者)だという。本社前の自販機と同程度の売り上げ規模とのこと。

 フジケンミンフーズは、JRの藤枝駅からクルマで約10分の川沿いにある。近隣には高校や住宅地があり、閑静な場所だ。設置してある自販機を写真でみると、静かな場所にぽつんとある印象だ。

 道路沿いに自販機の存在をアピールする看板を設置していることや、スポンサーになっている地元のサッカーチームがファンに宣伝してくれたりしていることが、好調な売り上げにつながっていると同社は分析している。売れ筋は、わけありのビーフンだという。

 全体として売れ行き好調な冷凍自販機だが、今後も増やしていく予定はあるのだろうか。

 広報担当者によると、他の企業から冷凍自販機を設置したいという問い合わせはあるが、現在は断っているという。理由は、生協向け冷凍ビーフンの供給に余裕がないためだ。広報担当者も「一気に50台、100台とするのではなく、できる範囲で増やしていきたい」と説明する。

 ビーフンの冷凍自販機は、今後もじわじわと増えていきそうだ。