JR北海道は8月17日、老朽化したキハ143形気動車などの置き換え用として、737系通勤形交流電車を13編成(26両)製造すると発表した。同社の通勤形電車としては初のワンマン運転対応車両となる。

 地域の移動手段として通学や通勤で日常的に利用されることから、エクステリアは優しさが感じられ、親しみやすい「さくらいろ」をイメージした淡いピンク色の塗装とした。前面部は黒をベースとし、視認性向上を目的に同社のコーポレートカラーであるライトグリーンと警戒色の黄色を取り入れた。

 インテリアも優しさが感じられるデザインにこだわった。乗降ドアは淡いピンク色とし、座席は道内に咲く花をイメージしたドットをあしらった。

 バリアフリー化も推進し、従来のキハ143形気動車と比較して19センチの低床化を実施。車いす対応のトイレを設置するほか各車両にはフリースペースを配置。車いすやベビーカー利用者、大きな荷物を持った人でも快適に使える設計とした。

 車両は2022年冬に最初の編成が落成し、23年春より室蘭線(苫小牧〜室蘭間)で運用を開始する。