トヨタ自動車は9月1日、「ノア」や「ヴォクシー」、電気自動車「bZ4X」などの8車種、計6万258台のリコールを国土交通省に届け出た。運転支援装置とディスプレイオーディオの制御プログラムが不適切なため、保安基準に適合しないおそれがある他、電動パーキングブレーキが作動しない可能性があるという。

 リコール対象となったのは、「ノア」「ヴォクシー」「bZ4X」、レクサスの「NX250」「NX350」「NX350h」「NX450h+」、SUBARUと共同開発した「ソルテラ」。いずれも2021年9月1日から22年8月9日に生産されたものだという。

 このうち、運転支援装置「LTA」(レーントレーシングアシスト用制御コンピュータ)では約5万台がリコール対象となった。車線維持に必要なハンドルアシストが不足するものがあり、カーブと車両速度によっては早期に警報が作動。運転者による操作が必要になるという。

 これまでに15件の不具合が報告されているが、事故はまだ起きていないという。同社は今後、対象車種全車両の制御プログラムを修正。消費者にはダイレクトメール、整備事業者には機関誌でリコールを通知する他、各社の公式Webサイトに掲載する。