先日、ファミレスで代替肉を食べる機会があった。

 数年前から海外では代替ミートなどが非常に話題になっていて、さまざまなお店で商品化されていたが、日本ではあまり目立っている印象はなかった。ところがファミレスで食したのをきっかけにあらためて調べてみると、世界的にはかなり代替食品の開発が進んでいることが分かる。

 日本で代替食品と言うと、「ミート」を思い浮かべる人たちが多いかもしれない。そこで、「ラボ」つまり研究所で作られている食品の現状と、今後、代替食品が社会とビジネスにどんなインパクトをもたらすのか、探ってみたい。

●カカオ豆を使わないチョコレート

 9月1日、米オンラインメディアの『Quartz(クオーツ)』が興味深い記事を掲載した。

 「未来のチョコレートが到来した――そう言われている。食用で、溶けるし、割れるし、チョコレートの味もするが、カカオ豆をひとつも使うことなくラボで作られたものである」

 記事では、最近、チョコレートをラボで作る企業が積極的に動いていることを紹介している。というのも、その裏には、過去何十年にわたって取り沙汰されてきた、チョコレート生産の問題点を改善しようとする意図がある。特に、国連が提唱したSDGs的な意識も多少は後押しし、持続可能性が注目されていることも関係している。

 チョコレートの原料となるカカオ豆は、ガーナやコートジボワールの農家たちが生産しているが、ずっと児童労働が問題になってきた。生産過程で賃金なども搾取されていると指摘され、さらに森林伐採が進む原因の1つになっているとの報告もある。

 カカオなしのラボ製造チョコレートは、言われないと違いが分からないほど、カカオを使用したチョコレートと品質は変わらないという。ただまだ製造に時間がかかっており、これからそのスピードが10倍以上に改善されると見られている。

 といっても、それでカカオ生産者を路頭に迷わせるようにしてはならないと関係者らは見ていて、カカオへの需要に影響は及ぼさないで労働環境などを変えていくきっかけになることを狙っているという。

●意外な代替食品も

 チョコレートに限らず、ラボで作られる食品はさまざまな開発が進められており、意外なものも少なくない。

 例えば、ミートや鶏肉はすでに日本でも食べることができる。大手回転寿司チェーンのくら寿司とセレクトショップのBEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)が、代替肉として広まる大豆ミートを用いた「Soyナゲット」を最近、提供している。

 米国では牛乳やチーズ、アイスクリームまで、代替食品で提供している。ミルクのプロテインを遺伝子で作り出すなどして、乳製品をラボで作っているのだ。チーズは食感と味の再現が難しいらしいが、開発が続けられているという。

 環境破壊が指摘されているコーヒーも代替品が作られていて、ある米企業は260万ドルの投資を受けて開発を加速させている。シンガポールや米国の企業では、母乳の製造も開発が進んでいる。

 豪州では、地元で愛されているカンガルーの肉をラボで製造する開発が進んでいる。「Vow」という企業では、カンガルーに加えて、豚やラム、アルパカ、うさぎ、ヤギの肉なども作っている。

 ロシアでは国民が好んで食べる馬肉の開発が進んでいるし、シンガポールの企業はエビをラボで作っている。エビについてはまだ生産コストが高くので、その課題がクリアできれば私たちも頻繁に目にするようになるかもしれない。

●アヒルの卵から「フォアグラ」も

 フランスの企業グルミーは、アヒルの卵からフォアグラを作り出している。フォアグラを作るにはアヒルやガチョウに大量の餌を食べさせる強制給餌(ガバージュ)と呼ばれる飼育が行われており、残酷だと否定されることもある。ラボで作れてしまうのなら、そんな問題もなくなるだろう。

 米国と英国、ドイツで調査を行うと、こうした代替食品に対して興味を持っている人は77%に上る。事前に言われなければ分からないほど精巧にできているのなら、どちらでも良いと考える人は多いということだ。

 英国のシンクタンク「ブルーホライズン(Blue Horizon)」によれば、2035年までに世界で消費される肉と卵、乳製品の10分の1は工場などで作られる代替品になると予想している。

 国連の予想では、58年には世界人口が100億人を突破する。人口増の中で、自然災害や肥料不足などで食糧危機が起こることも指摘されている。ラボでの食糧開発が、その解決策になる可能性があるのだ。

●「ダイヤモンド」にも注目

 食事に加えて、最近注目されているのは、ラボで作られる「ダイヤモンド」である。映画にもなっているが、ダイヤモンドの採掘は非常に危険が伴い、児童労働や環境破壊なども指摘されてきた。

 「ラボグロウンダイヤモンド」の品質は、天然のダイヤとほぼ同じといわれているが、価格は割安になっている。人権侵害などで批判されている中国での生産が多いので、そこでもまた別の批判が起きつつある。ただ少なくとも、新たなエシカル(環境や生活に配慮する考え方)な選択肢が考えられていることは重要である。

●日本はどうか

 ラボでさまざまなものを作れる技術は今後ますます洗練され、質が高まっていくと考えられる。私たちの想像以上に、多くのものが、本物そっくりに作られるようになるはずだ。そうなると、モノの価値観から、ビジネスの環境、ビジネスモデル、カネの流れから国家財政にまでも影響を与える可能性がある。サプライチェーンやコストの概念も大きく変わるかもしれない。

 とにかく「ラボ」から生み出されるものが、かなりのインパクトを人類と地球に与えることになるだろう。この瞬間も、ラボから、世界的な問題を解決するかもしれないエシカルなイノベーションが生み出されているのかもしれない。

 その半面、日本に目を向けると、何年も前から批判されてきた「フロッピーディスク」を、デジタル庁が撤廃する方向で動き始めた。このことを「デジタル改革のスピードアップ」と評価するような報道があったが、それは改革でもなんでもない。海外でもそのニュースは報じられていたが、世界第3位の先進国の話にしては恥ずかしすぎる内容で、だからこそ海外で記事になっていたのである。

 日本もぜひ、「ラボ」で進められている代替食品の開発のように、長期的な視点で世界を見て、これから本当に強化すべき道を見定めてもらいたい。

(山田敏弘)