睡眠に関わる製品・サービスを提供するEmma Sleep Japan(東京都港区)は、「睡眠の質と睡眠ノウハウに関する意識調査」を実施した。その結果、理想の睡眠時間は「7時間以上〜8時間未満」となった一方、実際の睡眠時間は「6時間以上〜7時間未満」(33.1%)が最多であることが分かった。

 以下、「5時間以上〜6時間未満」(27.7%)、「7時間以上〜8時間未満」(15.2%)と続く。7時間未満の人が8割を占めた。

 睡眠の質で感じている悩みを聞くと、「寝ても疲れが取れない」(44.5%)、「途中で目が覚める」(42.8%)、「すっきり起きられない」(36.6%)と回答した人が多く、約9割の人が何らかの悩みを抱えていることが分かった。

 睡眠の質を下げている原因は「ストレス」(44.7%)が約半数を占めた。以下、「加齢」(25.3%)、「運動不足」(22.6%)と続く。

 一方、質の良い睡眠とは何かと尋ねたところ、「すっきり起きられる」(66.8%)、「起きた時疲れが残ってない」(65.7%)が上位を占めた。その他、「途中で目が覚めない」(49.0%)、「日中眠くならない」(41.7%)といった声も寄せられた。

寝る前についつい見てしまうもの

 知っている睡眠の質を上げる方法を聞いたところ、「スマホやPCを寝る前に見ない」(60.6%)と答えた人が最も多く、以下、「お風呂にゆっくりつかる」(51.5%)、「ストレスをため込みすぎない」(49.6%)と続く。

 しかし、約75%の人が睡眠の質が下がると分かっていても、寝る直前までスマホやパソコンを見ていた。

 寝具や照明などを睡眠の質改善のために買い替えたことがあるかと尋ねると、約半数は買い替えたことがなかった。一方、買い換えたことがある人では「枕」(40.4%)が最多となった。

 買い替えた理由として、過半数が「手軽に睡眠の質を改善したいから」(56.2%)と答えた。その他、「睡眠改善のために生活習慣を変えるのは難しいから」(23.8%)、「Web・口コミなどを見て興味があったから」(14.5%)といった声が寄せられた。

 調査は8月8〜10日の間、インターネットで実施。調査対象者は全国の20〜59歳の男女1065人。