トヨタの新型「クラウン」が発売になりました。第16世代となる新型「クラウン」の最大のトピックは、セダンだけでなく、クロスオーバーやSUVといった複数の車形を採用したことになります。

 トヨタは「カローラ」でも同じように、セダンだけでなく、ハッチバック版(カローラスポーツ)、ステーションワゴン版(カローラツーリング)、SUV(カローラクロス)と複数の車形バリエーションを販売する方式を採用しています。それと同じことを「クラウン」でも行おうというわけです。

 では、なぜ、セダンだけでなく、他の車形を作るのでしょうか。その理由は「セダンが売れない」。これに尽きるでしょう。

 2022年1〜6月の登録車の新車販売ランキングを見れば一目瞭然です。

 10位までの間で、セダンを含むのが「カローラ」のみ。純粋なセダンだけのモデルとなれば、16位のトヨタ「プリウス」(これもハッチバックと呼べそうな格好ですが、トヨタはセダンと主張しています)が最上位で、次が32位の「クラウン」です。50位までには、その2モデルしか入っていません。ちなみに、「カローラ」のようにセダンを含むモデルは、28位の「インプレッサ」、36位の「マツダ3」の2モデルです。

 つまり、50位までにセダンを含むモデルは「カローラ」「プリウス」「インプレッサ」「クラウン」「マツダ3」の5モデルのみ。50台中の5台しかありません。これではトヨタが「クラウン」をセダンのみではなく、SUVなどの他車形を用意したくなる気持ちもよく分かります。

●トップ10のうち8モデルがセダンだった平生初期

 では、いったい、いつからセダンは売れなくなったのでしょうか?

 ほんの30年前である1992年、平成初期の年間販売ランキングは以下のようなものでした。

 なんと10モデル中、セダンを含まないのは「スターレット」と「マーチ」のみ。「シビック」はハッチバックが売れ筋ですが、セダンもありました。つまりトップ10のうち8モデルがセダンだったのです。顔ぶれは昭和から続く老舗モデルが大多数です。

 では、その10年後となる2002年(平成14年)はどうか?

 なんと、一気にベスト10のセダンは「カローラ」だけになってしまいました。しかも、昭和にはなかった新顔ばかりです。この下のランキングでいえば、12位に「クラウン」、16位に「マークII」、17位に「プレミオ」、21位に「レガシィ」、24位に「アリオン」、25位に「サニー」、29位に「ランサー」、30位に「ブルーバード」が入っています。ベスト10は1モデルだけですが、30位以内には9モデル。30台中9台ですから、セダンは3分の1弱といったところです。

●さらに10年後の2012年は?

 さらに10年後となる2012年(平成24年)はどうか。

 「プリウス」が1位となりましたが、いわゆる正統派の3ボックスのセダンは、「カローラ」のみ。10位以下では12位の「インプレッサ」、26位の「クラウン」、30位の「レガシィ」。つまり、30位までの30台中セダンを含むモデルは5。セダンだけのモデルは、「プリウス」と「クラウン」の2つだけしかありません。

 つまり、まだ昭和の雰囲気の残る平成の頭のころは、ベスト10のうち8モデルがセダンでした。ところが10年後の02年は、ベスト10内に「カローラ」のみという惨状に。ただ、セダンの数自体はまだ全体の3分の1近くありました。しかし、12年になると、セダンの数自体が半減。ベスト10に残る唯一のセダンもハッチバックに近い「プリウス」のみとなったのです。

 つまり、平成の最初の10年ほどでセダンの人気は凋落。その後はモデル数も減っていきました。結果、現在では、セダンを含むモデルはランキングの50台中5台のみ。セダンだけとなれば「プリウス」と「クラウン」の2モデルだけというのが現状です。

 ちなみに、トヨタが現在販売するセダンは「プリウス」「カローラ」「カムリ」「クラウン」「センチュリー」「MIRAI」の6モデル。「カローラ」と「クラウン」以外は、すべてセダン専用モデルとなります。これは他メーカーと比べれば、圧倒的なセダンの数といえるでしょう。

 なにせ日産は、この夏に「スカイライン」「シーマ」「フーガ」の生産を終了しました。日本ではセダンの販売を終えてしまったのです。同じように三菱自動車とスズキもセダンはゼロ。ダイハツはトヨタのOEMである「アルティス」が唯一のセダンとなります。

 ただし、ホンダは「シビック」「インサイト」「アコード」の3台を販売中です。スバルは「インプレッサG4」「WRX S4」の2モデル。マツダは「マツダ3セダン」と「マツダ6セダン」の2モデルを擁します。

 とはいえ、これだけあってもランキングの50位までに入るのは「カローラ」「プリウス」「インプレッサ」「クラウン」「マツダ3」だけ。こんな絶不調の中で、「クラウン」を存続させるには、車形を複数用意するというのは、避けられなかったのでしょう。「セダンの伝統が……」という前に、存続の危機に陥っていたわけですから。

(鈴木ケンイチ)