ファミリーマートを訪れた際、飲料売り場の隙間からロボットが見えた。なにやらせっせと飲料を補充しているらしい。ロボットの動きを観察してみると、想像よりゆっくりと動いているのが印象的だった。

 ファミリーマートは8月から、飲料補充AIロボットを本格的に導入し始めた。飲料補充ロボット「TX SCARA」は、24時間に1000本、1時間に約40本飲料を補充し続けるという。もう少しスピードアップしたほうが効果的ではないのか?

 同社執行役員 開発推進室長兼ライン・法人室長の狩野智宏氏に、導入の経緯や目的を聞いた。

●「TX SCARA」にできること

 ファミリーマートは、ロボットベンチャーのTelexistence(東京都中央区)が開発したAIロボット「TX SCARA」と店舗作業分析システム「TX Work Analytics」の導入店舗を拡大する方針を掲げている。「TX SCARA」は、店舗従業員への作業負荷が大きい飲料補充業務を24時間行う。商品を納品後、従業員が飲料の商品棚の裏にあるプレハブ型冷蔵庫の中にある在庫棚に飲料を補充。AIロボットは在庫を陳列棚に移す作業を担う。

 「TX SCARA」は事前に取り込んだデータに基づいて飲料補充を行う。販売データに加えて新商品情報や季節、販売時間などを考慮して陳列の順番、量などを定めている。そのためロボットは、どの商品がどの時間に売れるかを認識しており、売れる商品から優先して陳列することが可能になっている。

 「TX SCARA」にミスや誤作動があった場合は、Telexistence内のメンテナンスチームが遠隔操作で対応する。例えば補充した飲料が倒れてしまった場合は、遠隔操作で倒れた飲料を直すことができる。

●なぜ飲料補充にフォーカスした?

 同社は3年程前からファミマ店舗でのAIロボット活用を推進してきた。コンビニ業界では長年人手不足が深刻化しており、一定の作業を自動化・省人化しなくては店舗拡大が難しい状態だったため、店舗オペレーションの効率化が求められていたという。

 コンビニでは商品の陳列、レジ業務、発注、ホットスナックの調理などさまざまな作業が発生している。どこを改善したら店舗スタッフの負担が軽減し、少ない人数での店舗オペレーションが可能になるのか考えたところ、「飲料補充」が候補に挙がった。

 「店舗スタッフにヒアリングをしたところ、飲料を保管しているプレハブ型冷蔵庫に出入りする負担が大きいことが分かりました。レジから冷蔵庫の距離が遠く移動時間が長いことに加え、レジに目を配ることができません。また、冷蔵庫の中は非常に寒く、夏場でも何か上着を着る必要があります。そんな環境で冷たい飲み物を補充するのは、特に女性や高齢の従業員の方にとって負担が大きくなっていました。そこで、まずは飲料補充の作業をなくすことで、作業の効率化を図っていくことに決めました。もしドリンクの補充をやらなくてよくなったら、女性や高齢の方の雇用も増えるのではないかと考えています」(狩野氏)

●1時間に40本 なぜこんなにゆっくり?

 しかし、1時間に約40本と聞くと「そんなゆっくりで大丈夫なの?」という疑問がぬぐい切れない。1日に1000本のペースでAIロボットを24時間動かし続けるのは効果的なのだろうか? 狩野氏は「ロボットは長期間使い続けることが効果的だ」と話す。

 「ロボットは長期間動かせば動かすほど費用対効果は高まります。もちろん機械なので、その気になればどんどん動作を早くすることはできます。しかし、どのスピードで動かすことがエラーが少ないか、長く継続利用できるか、経済的なバリューがあるか考えたときに、1日1000本のペースが良いと判断しました。24時間ゆっくり動いていたとしても、継続的に使い続けることができたほうが効果が高いと考えています」(狩野氏)

 尚、「コストは非公開」ということだった。

●飲料補充AIロボット 効果はどう見込む?

 「TX SCARA」はデータを基に売れる順番に飲料補充を行うため、販売機会の創出につながり、日商増も見込めるという。

 また、店舗スタッフは1日に何度もプレハブ型冷蔵庫に入る必要がなくなった。基本的には1日1回在庫棚に補充すればよいため、空いた時間で別の作業ができる。狩野氏は「AIロボットの導入で作業時間が〇時間減った、雇用人数が〇人減ったなどの直接的な話ではなく、波及効果を期待している」と話す。

 「飲料補充の作業が減ることで新たな雇用が必要ではなくなった場合、募集コストや教育にかかる時間が減少します。従業員にかかっていた負荷を軽減し、新たな時間を生み出せます。すると、今まで忙しすぎてできていなかった作業に手が回せたり、より丁寧な教育を行えたり、店舗全体で作業の効率化が図れると考えています」(狩野氏)

 今回は飲料補充AIロボットに加えて店舗作業分析システム「TX Work Analytics」も導入した。店舗従業員が位置情報の発信機を装着し、店内の受信機が位置データを認識する。すると、各時間帯における作業時間の可視化・分析が可能となる。狩野氏は「『TX SCARA』の導入によってどこまで効率化ができたかをを計測します。また、従業員の1日の作業を測定・分析することで、全体オペレーションの最適化を目指していく」と意気込む。

 「現状の作業にかかる時間を定量的に測定することで、さまざまな課題が顕在化すると考えています。例えば、仮にファミチキを揚げるのにすごく時間がかかっていた人がいるとします。その場合の課題解決の方法としては、全てAI化、ロボット化を目指すということではなく、ファミチキの揚げ方を改めて研修し、全員が同じ時間で調理できる状態を目指すことかもしれません。『TX Work Analytics』の導入で、現状の課題や人手をかけなくてもよい作業を炙り出し、削っていくこと目指しています」(狩野氏)

●全国300店舗への拡大を目指す

 同社は2021年10月からファミリーマート経済産業省店で「TX SCARA」「TX Work Analytics」の導入を開始。22年8月からは全国300店舗への拡大を目指していく。

 今回、店舗を拡大していくにあたっては、店舗の立地や特徴、売り上げなどの条件を変えながら、ファミマ全店舗に導入するための検討材料として情報を集めていく。今後フランチャイズ店舗への導入も推進できるよう、満足のいく水準で各店舗に合うオペレーションを確立していく。

 「全体の作業の中で、まだまだ簡素化できる部分はたくさんあります。飲料補充で言えば、納品から在庫棚に移す作業もロボットが担ってくれると負担はさらに減るかもしれません。今後も従業員の負担をどうやったら減らせるのかを考えていきます」(狩野氏)