江崎グリコは、「男性育休」に関する意識調査を行った。育休を過去に取得した経験者に、産休・育休以外に便利と感じる福利厚生を聞いたところ、1位は「時間単位で取れる有給制度」(48.5%)だった。

 2位「子どもの病児休暇制度」(47.8%)、3位「フレックス制度」(44.3%)、4位「リモートワーク制度」(41.5%)、5位「ベビーシッターなどの福利厚生」(38.5%)と続いた。子どもが体調を崩した際など、フレキシブルに対応できる制度を求めていることがうかがえた。

 産休・育休前の社内の子育て研修についてあったらいいなと思う内容を尋ねたところ、「補助金などの制度について」(61.3%)や「出産や育児にかかるお金について」(48.3%)と金銭的な情報が上位に入った。その他、「育休取得経験者の体験談について」(46.5%)など経験者の生の声も求められていることが分かった。

 育休を推進する企業も増えている中、女性の育休支援が進んでいると答えたのは71.6%と高い結果となったが、男性の育休支援が進んでいると感じる人は38.8%と、約30ポイント下回る結果になった。

 育休後の職場復帰のポジティブな変化を尋ねたところ、男性の45.0%が職場の育休取得者に対する理解が生まれたことが分かった。

 一方、ネガティブな変化としては「時間が足りない」(37.8%)、「急な休みなどで肩身の狭い思いをしている」(23.5%)など、復帰後も一定数の人が子育てにおける職場の課題を感じていることが明らかになった。

 今回の調査は、現在妊娠中もしくは0〜2歳までの末子を持ち、本人またはパートナーが男性育休取得済み・取得予定の男女を対象に、インターネットで行った。期間は8月1〜3日、有効回答数は事前調査4316人、本調査400人(男女各200人)。