スターバックスコーヒージャパンは9月20日、ティーに特化した「スターバックス コーヒー 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザB1店」を開業すると発表した。同社はコーヒー以外の選択肢としてティーメニューの販売を強化している。高まるティーニーズに応え、東京都内3カ所目の“ティー特化型”店舗として訴求していく。11月8日にオープンする。

 スターバックスのティー専門ブランドTEAVANA(ティバーナ)のドリンクやティーを使用したフラペチーノなどを販売する。メニューは「ティー クリエイション」「ティー ラテ」「ティー フラペチーノ」の3つのカテゴリーで構成。季節ごとの商品を加えて13種類のティーを使用したドリンクを用意した。

 「ティー クリエイション」は、りんご、パイナップル、ラベンダー、セージなどをブレンドした「シトラス ラベンダー セージ ティー」や、ゆずの果皮・グレープフルーツが入ったシトラス果肉とルビーグレープフルーツのジュレを合わせた「ゆず & シトラス ラベンダー セージ ティー」を販売する。

 「ティー ラテ」は、本格的な抹茶やほうじ茶の香りやうまみを楽しめる「和三盆 抹茶ティーラテ」「和三盆 ほうじ茶ティーラテ」を用意した。

 「ティー フラペチーノ」は、「パッション ティー」をベースにストロベリーの果肉を合わせた「ストロベリー&パッションティー フラペチーノ」などを取りそろえる。

●秋限定メニューも

 秋限定メニューでは「ピーチ トランクイリティ」 「マジェスティック チャイ ウーロン」の2種類のティーに、果肉とすりおろした食感の異なる白桃をあわせた「ピーチ&マジェスティックチャイティー」を販売する。

 同社は2020年7月、東京・六本木にティーに特化したスターバックス「スターバックス ティー&カフェ」の1号店を開業した。現在都内2店舗、大阪2店舗、富山、福岡に各1店舗ずつ出店している。