LIFULLが運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は、「LIFULL HOME'S コロナ第7波下で変化の兆候?住みたい街ランキング」(2023年版中間結果)を発表した。首都圏版「借りて住みたい街」ランキングの1位は「大宮」だった。

 「大宮」は都心から電車で30分程度、埼玉県の中心に位置する。平均家賃は6万7548円だった。駅勢圏(駅周辺の繁華性の高いエリア)も広く、生活利便施設が豊富にそろっている。

 2位「本厚木」、3位「八王子」、4位「柏」、5位「三鷹」と続いた。TOP5にランクインした駅はいずれも JR山手線のターミナル駅まで乗り換えなし、最短で20〜40分程度でアクセス可能という共通点があった。

 コロナ前の19年と比較して「本厚木」「大宮」「八王子」「柏」「町田」が順位を上げた。これらの街(駅)はいずれも駅勢圏が広く、生活利便性が確保されているという共通点がある。また、都心へもダイレクトにアクセス可能で、たまに通勤するにも便利な駅が多かった。

●首都圏版「買って住みたい街」ランキング

 首都圏版「買って住みたい街」ランキングの1位は「勝どき」で、3年連続で1位を獲得した。勝どきの中古マンション平均価格は5314万円だった。勝どきエリアは、00年に都営地下鉄大江戸線が開通してから都心至近の湾岸の街として、タワーマンションや超高層オフィスなどが発展してきた。東京五輪選手村の最寄り駅であり、その跡地が総戸数5632戸(うち賃貸1487戸)の新たな街「HARUMI FLAG(晴海フラッグ)」として生まれ変わる。全入居が完了するまで注目が集まるだろう。

 2位は「横浜」、3位は「白金高輪」、4位は「茅ヶ崎」、5位は「平塚」と続いた。同社は「首都圏の住宅購入ニーズは、22年版(21年調査)からさらに都心と郊外との“二極化”が進んでいる。テレワーク中心の生活に切り替えているユーザーは郊外で広い住宅を求め、コロナ後の揺り戻しや資産性を強く意識するユーザーは利便性・資産性を重視して都心周辺で住宅を選択する傾向がある」と分析した。

 調査は1月1日〜6月30日、LIFULL HOME'S に掲載された賃貸物件・購入物件のうち、問い合わせの多かった駅名をそれぞれ集計した。